あなたは太っている自覚がありますか?

あなたは太っている自覚がありますか?

●20代前半の頃よりも15キロ以上体重が増えた
●よく食べる上に運動不足なので太るのはしかたない
●電車、バス、映画館の座席はいつも窮屈
●何度ダイエットしても続かない
●好きな食べ物は糖質や脂質まみれの物が多い
●さらにその食品のカロリー数すら把握していない
●運動もしてないし食事制限もしてないが痩せたいとは思っている
●こんな感じなので10年後の体型も変わってないと思う

 

以上が太っている人の共通点です。

 

今のままでは良くないのは分かっている。痩せたいという気持ちはあるのでダイエットも何度となく挑戦してきた。ウォーキング、ジョギング、エアロバイク、スポーツジムでのトレーニングなどなど・・・。

 

でも続かない、運動する時間もないし、決して意志が強い方ではないので食べ物の誘惑には勝てない、少し痩せてもまたすぐにリバウンドする。

 

人が太るのには、いろいろな原因がある。自分がなぜ太っているのか? なぜ痩せることができないのか? そのメカニズムがわかれば解決策はおのずと見えてくるはず。

 

まずは敵を知り、己を知ることから始めるべき。

 

ダイエットのためには長時間の空腹はNG!?

太りたくないからといって、極端な食事制限にはしる人がいる。摂取カロリーを低くおさえようと、1食抜いたり、ひどい場合には断食したりする人もいるが、食事の量を減らしても太る場合がある。

 

人間の体の主なエネルギー源はブドウ糖で、とくに日本人はカロリーの約半分以上を糖質から摂取しブドウ糖に変え、血液の中に血糖という形で含まれる。血糖値とは血液の中の血糖の濃度のこと。

 

この血糖値は、人が1日3回食事をしていると安定しているが、1食抜いたりすると当然血糖値は下がり、次に食事をしたときには血糖値が急激に上昇する。この急激に上昇した血糖値を下げるのがインスリンというホルモン。

 

しかし、急激に上昇した血糖値を下げるためインスリンが大量に分泌されてしまい、今度は血糖値が急激に下降する。すると強烈に空腹を感じ、脳が血糖不足で働かなくなり、強い食欲がわき上がってくる。人間は血糖値の乱高下に強いストレスを感じてしまう。

 

太る原因になりやすいので、長時間、空腹のままにしておくのは避けるべき。

 

ダイエットが続かないのと意志が弱いのは実は関係ない!?

何度ダイエットしてもすぐに挫折する。意志が弱いのでダイエットが続いたためしがない・・・。

 

ダイエットに限らず、決めた事を実行して結果を出すには強靭な意志が必要だと思っている人が多いが、実際には意志が関係しているのは3割ぐらいといわれている。

ケーキ

 

とくに日本の場合、おいしい食べ物が多過ぎる! テレビを付ければファストフード、外食チェーン店、各食品メーカーのCMが目白押し、コンビニやスーパーに行けばおいしそうなスイーツが棚の上にズラリと並んでいる。甘い物好きにとって、あのスイーツやお菓子が陳列してあるコーナーは危険地帯だ。

 

たとえ鋼の意思も持ち主でも、この誘惑はなかなか手ごわい。ご存知のように我慢は長く続かない。なのにダイエットが続かないのは意志が弱い自分のせいだと思い込んでいる人が大勢いる。ダイエットが失敗するたびに自分は意志の弱いだめな人間だと落ち込んで、失敗の体験を刷り込んでしまう。

 

そもそもダイエットが続かない人は意志が弱いという以前に、目標の定めかたに問題があるケースが多い。体重を何キロ減らすとか、体脂肪率10%未満だとか、くびれを作る、シックスパックを手に入れるだとか・・・。

 

ついつい目に見えるわかりやすい目標を設定しがちだが、痩せるためにはそれなりの努力が必要なので、最初からハードな目標をめざしてしまうと挫折しやすい。

 

それよりも痩せるための習慣自体を目標にしてしまうのはどうだろうか?

 

甘い物や脂っこいものをひかえ、野菜から食べるとか、通勤時に一駅前で下りて歩くとか、エレベータをやめて階段を使うとか、痩せるための習慣の中で自分でもやれそうなもの、続きそうなものを選んで、その習慣を続けること自体を目標にする。

 

ダイエットのための習慣さえ身に付いてしまえば、あとはムリなく痩せることができるはず。

 

ダイエット成功した後のリバウンド予防がだいじ!

ダイエットが一時的に成功してもリバウンドせず、痩せた体型を維持していくのはダイエットそのものよりも難しいかもしれない。だからといってダイエットの後も食事を減らす必要はない。食事の量自体はゆるやかに元に戻していってもかまわない。そのかわり、わずかばかりのカロリーコントロールが必要になる。

 

1キロ減らした体重をキープするためには、1日に42キロカロリー消費しないといけない。42キロカロリー消費するには10分ぐらいのウォーキングで十分。なので、食事の量は元に戻しても、わずかばかりの運動を意識することで体重は維持できる。

 

消費カロリーの次は摂取カロリーの話。

 

食事のたびに食べ物のカロリーを気にしている人がいるが、あれもやり過ぎると逆効果。精神的にストレスがたまるので、一気にヤケ食いにはしる恐れがある。大雑把に、ザックリ把握しておくぐらいがちょうどいい。

関連ページ

ダイエットの大敵! こんな太る食習慣は改善が必要!?
ダイエットがうまく行かない人は、その食習慣に問題がある人が多い。野菜の摂取量が少なく、糖質0、糖類0、カロリーオフを謳った食品や飲料に頼りがちで、時には極端な食事制限、低糖質ダイエットやミニ断食などに安易に手を出してしまう。ダイエットは無理なく続けられるものにしないと成果が出るまで継続するのが難しくなる。
大盛りサービスの店はダイエットの大敵!!
ダイエット中の痩せたい人が、つい頼りがちなこんにゃく。カロリーほぼ0で食物繊維も豊富、噛み応え食べ応えもあるので、気持ちはわかるが頼り過ぎるのは良くない。こんにゃくは消化が悪く腸で詰ってしまう可能性があり、腸閉そくを引き起こしてしまう。
ダイエットのためには小腹が空いても我慢我慢!!
ダイエットがうまくいかない、痩せたいのに痩せられないという人は、小腹が空いたと言ってはいろんなものを食べてしまう。食べた物自体を把握していない事も多いので食事記録を付けることをおすすめする。
激太りとは違う!? 水太りと脂太り
普段から味の濃い辛い物がすき、お酒も好きでよく飲む人が太った場合、水太りである場合が多い。またこれらを摂取していないのに水分の排出がうまくいってない場合、むくみである可能性が高い。
「食べてないのになぜ太る?」その謎に迫る!?
「食べてないのに太る」「水を飲んだだけで太る」「空気を吸ってるだけで太る」などという人がいるが、そんなはずはない。食事記録を付け食べた物を把握すること。
買い置きはつられ食いのもと
誘惑に弱い人が家にお菓子、スイーツなどを買い置きしていると、ついつられて食べてしまう。また飲み会などでも周りに流されて食べ過ぎてしまう。休日になるとさらにひどくゴロゴロしてずっとダラダラ食べてしまう。