「食べてないのになぜ太る?」その謎に迫る!?

「食べてないのになぜ太る?」その謎に迫る!?

「食べてないのに、なぜか太ってしまう」という人がいる。

 

「水を飲んだだけで太る」とか、挙句の果てには「空気を吸ってるだけで太る」なんて言いだす始末。

 

しかし、そんなはずはない。必ずどこかで食べている。本人たちが都合の悪い記憶を消し去っているにすぎない。だからこそ、しっかり食事記録を付ける必要がある。食べた物をしっかり記録し、スマホで写真を撮り、動かぬ証拠をおさえる。

 

だいたい「食べてないのに太る」なんて言ってる人に限って食事内容の把握がかなり雑。大したカロリーではないと勝手に思い込んでカウントしていない物が多い。

 

代表的な物に缶コーヒーや野菜ジュース。決してカロリーが無いわけではないし糖質だって高い。果物も食べた内に入れてない人も結構いるが、あるお医者さんによれば、「果物は野菜の砂糖漬け」らしいので、食べたらしっかりカウントすること。

 

食べていないつもりが意外と食べている事がわかれば対策も立てやすい。勝手な思い込みを捨てて冷静に判断してこそダイエットの成功が見えてくる。

 

健康意識の高い人がおちいる落とし穴!?

洋食より和食の方が絶対に健康的だし、外食はせずに自炊をがんばっている。おかずも品数を多くするように努力しているし、数々のダイエット法も実践してきた・・・。

 

こんな感じで自分は健康意識の高いヘルシー志向の強い人間だと思い込んでいる人がいたら、要注意。

 

食材そのものは健康的でヘルシーな物をえらんではいるが、カロリーという意識が抜けている場合がある。そんな人に限って豆乳、果物、野菜ジュースのカロリーは計算に入れていない。

高カロリー食

 

たとえば、主食は黒ゴマをたっぷりかけた玄米ご飯、おかずはサバの味噌煮、副菜は納豆と冷奴、オリーブオイルをたっぷりかけたサラダと、ハチミツがけのヨーグルト。単品一つ一つを見ればヘルシーなイメージだが、カロリー的に見れば1000kcalを超えている。

 

だからご飯は普通盛りにして、サバの切り身も半分に。さらに納豆と冷奴はどちらも大豆からできているので、どちらかをやめ、サラダは代謝を促進させるため緑や黄色の濃い野菜に変える。当然ヨーグルトには何もかけない。

 

確かに玄米も黒ゴマも健康的でヘルシーには違いないが、大盛りにしたらカロリーが高くなるのは当然だ。「いつもご飯は一杯だけなのに太る」という人は、山盛り、大盛りを見直してみて、なんならお茶碗のサイズ自体を変えてみるのもいいかもしれない。

 

また、買い物をする時、ラベルのチェックも忘れないようにする。野菜ジュースにしろ豆乳にしろ、いくらヘルシーな物でも当然カロリーはある。

 

ラベルのチェックを習慣にして、何にどれだけのカロリーが含まれているのか意識するように心がけよう。

 

早食い、大食い、デブの元

団らん

大家族の食事風景でよくあるのが、大皿に盛られた料理がテーブル中央に置かれ、皆で取り合って食べている。大皿は数皿並んでおり、それぞれの皿からとって食べているので、自分がどれだけ食べているのか把握しきれていない。

 

仕事と仕事の間の移動中、食事はできるだけ早くすませようとして、チェーン店の牛丼やラーメン、カレーライスに頼りがち。一皿メニューなので一気に掻きこめば、およそ5分で食べ終わる。

 

結構な量の食事を早めに平らげるので、脳が満腹感を感じるスキもなくお腹がいっぱいになるまで食べる。食事は腹十二分目で、それが正しいと信じて疑わない。

 

それに早食いは決していい事ではない。食後の血糖値が急激に上がり、インスリンが大量に分泌される。インスリンを作っている膵臓の細胞が痛んでいって、やがて糖尿病につながる可能性が高い。

 

おにぎり、ハンバーガーなどの手に持って食べれる物や、カレーやどんぶり物、スープなどの一皿メニューは完食までに2~3分とかからない。特にカレーやスープなどはスプーンで一気に書き込めるので、箸で食べる物に変えた方がいい。

 

さらに箸置きを利用するなりして、一口食べるごとに箸をおく習慣を身につけ、とにかく意識して食事に時間をかけるようにする。

 

たとえば帰宅途中の牛丼屋で、ふつうに牛丼をたのむのではなく、ごはんに牛皿、みそ汁に温泉卵とお新香など、皿数を増やし、箸をアチコチと移動させるようにすること。

 

早食い、大食いは一番太りやすく、さらにこのタイプは何をどれだけ食べたのか把握していない。なので写メでもいいからとにかく食事を記録する。最近は店で食事するたびにスマホで写真を撮ってSNSに上げている人が多いらしいが、別にそれでもかまわないが、やはりここは自分のために食事内容を記録し、寝る前にでも何を食べたのかチェックする習慣をつけてほしい。

 

関連ページ

あなたは太っている自覚がありますか?
ダイエットが続かない事と意志が弱いのは実は関係ない。何キロ痩せたいとか、体脂肪率10%未満とか、くびれを作ってシックスパックとか、目標のやりかたが間違っている。痩せるための習慣自体を目標にすると痩せることができる。
ダイエットの大敵! こんな太る食習慣は改善が必要!?
ダイエットがうまく行かない人は、その食習慣に問題がある人が多い。野菜の摂取量が少なく、糖質0、糖類0、カロリーオフを謳った食品や飲料に頼りがちで、時には極端な食事制限、低糖質ダイエットやミニ断食などに安易に手を出してしまう。ダイエットは無理なく続けられるものにしないと成果が出るまで継続するのが難しくなる。
大盛りサービスの店はダイエットの大敵!!
ダイエット中の痩せたい人が、つい頼りがちなこんにゃく。カロリーほぼ0で食物繊維も豊富、噛み応え食べ応えもあるので、気持ちはわかるが頼り過ぎるのは良くない。こんにゃくは消化が悪く腸で詰ってしまう可能性があり、腸閉そくを引き起こしてしまう。
ダイエットのためには小腹が空いても我慢我慢!!
ダイエットがうまくいかない、痩せたいのに痩せられないという人は、小腹が空いたと言ってはいろんなものを食べてしまう。食べた物自体を把握していない事も多いので食事記録を付けることをおすすめする。
激太りとは違う!? 水太りと脂太り
普段から味の濃い辛い物がすき、お酒も好きでよく飲む人が太った場合、水太りである場合が多い。またこれらを摂取していないのに水分の排出がうまくいってない場合、むくみである可能性が高い。
買い置きはつられ食いのもと
誘惑に弱い人が家にお菓子、スイーツなどを買い置きしていると、ついつられて食べてしまう。また飲み会などでも周りに流されて食べ過ぎてしまう。休日になるとさらにひどくゴロゴロしてずっとダラダラ食べてしまう。