サイクルツイスタースリムのダイエット方法いろいろ

サイクルツイスタースリムのダイエット方法いろいろ

サイクルツイスタースリムを購入して、毎日一定の時間漕いでいれば体脂肪は燃焼され、ある程度のダイエットの成果は出せる。しかし、せっかく買ったサイクルツイスタースリム、無駄にしないでもっと効率よい漕ぎ方をしてダイエット成果を出したい。

 

 

 

サイクルツイスタースリムでダイエット!もっと効率よく痩せたい!では、効率的に体脂肪を燃焼できる漕ぎ方を紹介。サイクルツイスタースリムを毎日漕ぎ続けるのは、とても大事だが、ただ漫然と惰性で漕いでいても効果は薄い。ダラダラのんびりと漕いでいるだけでは体脂肪の燃焼は期待できない。なので、サイクルツイスタースリムを普通に3分間漕いで、そのあと少しキツイぐらいの速漕ぎを3分間続ける漕ぎ方を紹介。

 

この漕ぎ方で1週間後、1カ月後、5カ月後にはどんな変化が訪れるかをモデルケースを提示。そのモデルケース通りの成果を、あなた自身の体で確かめて欲しい。

 

 

 

サイクルツイスタースリムで乳酸大放出! 速や漕ぎをしなきゃダメな理由では、サイクルツイスタースリムを速漕ぎをする事によって、どんなメリットがあるのか? 体にどんな変化があるのかを解説。

 

サイクルツイスタースリムを速漕ぎすると体の中に乳酸がたくさん出てくる。乳酸は疲労物質という悪いイメージが強いが、実はエネルギーとして再利用されている側面がある。また、乳酸は成長ホルモンの分泌を助ける作用もある。筋肉の発達や代謝を促す成長ホルモンは、ダイエットには欠かす事ができない重要なホルモン。

 

筋肉

乳酸が出てくるレベルのサイクルツイスタースリムの速漕ぎは、筋肉を激しく動かすので、筋繊維に傷がつく。傷が付いた筋繊維はアミノ酸により傷つく前よりも太く、大きくして修復される。これがいわゆる超回復。

 

サイクルツイスタースリムの速漕ぎを続けていると、心肺機能が向上して持久力もアップする。元々腎臓に流れ込むはずの血液が、足の筋肉に流れ込むため腎臓が血液が減ったと判断。そのため、体液を増やすホルモンを分泌させる。

 

増えた血液が心臓に戻ってくると、戻ってきた量と同じだけ送り返すので、一回の心拍で送り出す血液の量が増える。なので持久力が上がる。

 

サイクルツイスタースリムの速漕ぎは乳酸の分泌と心肺機能、持久力の向上に効果があることがわかる。

 

 

 

サイクルツイスタースリムでミトコンドリアを増やすダイエット方法では、サイクルツイスタースリムの速漕ぎだけでなく、普通漕ぎのメリットを解説する。

 

サイクルツイスタースリムの速漕ぎは強度が高く、ずっと速漕ぎだけではすぐに疲れてしまい、漕ぎ続けることができない。なので普通漕ぎを入れる事によって、疲れを軽減し続けやすくなる。

 

またサイクルツイスタースリムは、ずっと同じ強度で漕ぎ続けるより、強度を変えて漕いだ方がダイエット効果が高いことがわかっている。

 

ミトコンドリアという細胞内に複数存在する器官を知っている人もいると思うが、サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎは、このミトコンドリアの強化にも役に立つ。

 

ミトコンドリア

ミトコンドリアはエネルギーの生産工場で、かなり効率よくエネルギーを生産してくれる。しかしこのミトコンドリアの機能が低下すると、エネルギーの生産効率が下がり、かわりに活性酸素を作り出す。ご存知のとおり活性酸素は細胞に傷をつけ、体を酸性にして老化のスピードを速める。

 

さらに活性酸素が増えると、糖尿病、動脈硬化、高血圧等の生活習慣病の原因になり、ひいては鬱やがんを引き起こす可能性につながる。

サイクルツイスタースリムのダイエット方法いろいろ記事一覧

サイクルツイスタースリムを購入した。毎日、決まった時間に規則正しく漕いでいる。そんなあなたは数か月後確実に痩せる事が出来る。でもそうじゃない人がいるのも事実。なのでサイクルツイスタースリムをただ漕ぐだけではなく、もっと効率よく痩せるための漕ぎ方があるのを知ってもらいたい。サイクルツイスタースリムは強度が命! ダラダラ漕いでも効果は半減!!「1日1万歩を目安に歩きましょう」誰しも聞いた事のあるこのフ...

サイクルツイスタースリムを少しキツイ、少し疲れる程度で速や漕ぎをした場合、個人差もあるが強度的には最大酸素摂取量の約70%で、これは健康のために行える安全上限値ギリギリの数値といえる。これに対してサイクルツイスタースリムの普通漕ぎの強度は最大酸素摂取量の約40%。心拍数の場合だと、速や漕ぎが130~140で、普通漕ぎが70~80くらいになる。サイクルツイスタースリムの速や漕ぎは必ず最大酸素摂取量の...

サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎのダイエット方法で痩せる事が出来る仕組みは分かった。ならばいっその事、普通漕ぎをやめて速漕ぎだけを延々繰り返せば、もっと早く、もっと効率的に痩せる事が出来るのではないのか? そう考えるせっかちな人がいるのは理解できる。でも考えて欲しい、サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎは前々ページで述べた通り、このダイエット方法のキモは、まずサイクルツイスタースリ...

歳を取ってくると自分が思っている以上に体力は低下していく。それはもう無残なくらいに。昔スポーツをやっていたとか、学生時代部活をがんばっていたとか関係なしに筋力は衰え、体力の低下をまねく。そして筋肉量が低下していくと基礎代謝量が落ちてきて、体脂肪が蓄積されやすい体になる。これが中年太りのメカニズム。肥満は高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を巻き起こす。だがサイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速...