量より質! どのように漕ぐかが大事!!

サイクルツイスタースリムは量より質! どのように漕ぐかが大事!!

歳を取ってくると自分が思っている以上に体力は低下していく。それはもう無残なくらいに。昔スポーツをやっていたとか、学生時代部活をがんばっていたとか関係なしに筋力は衰え、体力の低下をまねく。

 

そして筋肉量が低下していくと基礎代謝量が落ちてきて、体脂肪が蓄積されやすい体になる。これが中年太りのメカニズム。肥満は高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病を巻き起こす。

 

だがサイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎの繰り返しでミトコンドリアを強化する事ができれば、生活習慣病を食い止め中年太りもストップできる。

 

以前ウォーキングは1日1万歩を目安にと書いた事があるが、1日1万歩程度のウォーキングではウォーキングを全くやってない人と比べて、実は最大酸素摂取量ではほとんど変わらないという事実がある。

 

しかし、サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎの繰り返しを規定の時間と日数続けた場合、筋力と最大酸素摂取量は明らかに増大する。しかもサイクルツイスタースリムの1日30分というのは、あくまでも規定の時間。やれる人は1時間やろうが2時間やろうが、かまわない。

 

通常のエアロバイクに比べ、全身12カ所に作用し、脂肪燃焼効果3倍以上のサイクルツイスタースリムなら、規定の時間以上漕ぐ習慣を身に付ければ、

 

通常の3倍のスピードで理想のボディを手に入れる事が出来る!

 

サイクルツイスタースリムの速漕ぎは、細かいフォームは気にしない!

ジョギングやウォーキングでは、よくフォームが大事といわれる。背筋を伸ばして、踵から着地して、肘は90度に曲げて、目線は少しだけ上に・・・。 ジョギングやウォーキングなら気にするべきだが、サイクルツイスタースリムの速漕ぎの場合は細かいフォームは気にしなくてもイイ。

 

サイクルツイスタースリムの速漕ぎの最中は、できるだけ全身の筋肉を総動員して漕ぐこと。普通のエアロバイクと違い、下半身だけでなく上半身にも作用するサイクルツイスタースリムの場合、意識して全身の筋肉を稼働させないと、前述の最大酸素摂取量70%には届かない。このくらいの強度を維持するためには、できるだけたくさんの筋肉を参加させる必要がある。

 

サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎは、3分間の普通漕ぎと、3分間の速漕ぎの繰り返しを1セットとし、これを5セット繰り返す。さらにコレを週に4回、合計で120分漕ぐ。

 

有酸素を始めてすぐの間、は細胞内のミトコンドリアがうまく働いてくれない。始めて2分位でようやく動き始めて、3分経ったころには、ようやく体の方も強度に見合った疲労感をおぼえ始める。

 

なのでサイクルツイスタースリムの速漕ぎを3分続けるのはとても大事なことで、速漕ぎを30秒ぐらいやったところで、心肺機能の強化にはつながらない。だからサイクルツイスタースリムの速漕ぎを3分続けるのには大きな意味があるのです。

 

1週間で合計120分漕げるなら内訳にはこだわらなくてもイイ!?

サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎは1週間の合計が120分。でもコレはあくまで最低目標。これをクリアしないとダイエット効果はのぞめない。

 

でもしかし! 1回30分、それを週に4回。正直、時間の確保が難しいのはわかります。そういう時は無理をせず自分の都合に合わせて、多少は変則的な時間配分にしてもいいと思います。細かく分けてもいいし、休日にまとめて漕ぐのもいいでしょう。

 

でも実は、サイクルツイスタースリムを漕ぐのに最も適した時間がある。それは夕方、午後4時から5時の間。この時間帯は人間の体温が最も上昇している時間で、体を動かすのに都合がよくケガもしにくい。

 

あるいは、朝起きてすぐの時間帯もおすすめ。決して体温は高くないが、サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎで朝から体温を上げておけば、その日1日を活動的に過ごすことができる。

 

なお、1番おすすめできないのが深夜の時間帯。寝る前にサイクルツイスタースリムをしてしまった日なんかは最悪で、交感神経が活発になってしまい眠れなくなる可能性がある。

 

サイクルツイスタースリムの後は早急にタンパク質の摂取を!

サイクルツイスタースリムの普通漕ぎと速漕ぎを終えたあとは、早急にタンパク質の摂取をおすすめする。はげしく筋肉を動かしたあとは筋繊維が損傷する。その損傷した個所が修復されることにより以前より筋繊維が太くなる。

 

これが超回復。

 

この超回復をスムーズに促すためにもタンパク質の摂取は早い方がいい。

牛乳

 

摂取するタンパク質は、吸収の速い牛乳やプロテインがおすすめだが、プロテインの場合は少し注意が必要。糖質が含まれているかどうかのチェックをお忘れなく。牛乳には乳糖という糖質が含まれているが、プロテインは入っていない物もあるので必ず確認するように。

 

糖質が体に吸収されると血糖値が上がりインスリンが放出される。このインスリンにはアミノ酸を筋肉に吸収させる働きがある。なので効率のいい筋力アップに糖質は絶対に欠かすことはできない。

 

≪前のページへ

関連ページ

痩せたい人におすすめのダイエット方法!もっと効率よく痩せたい!
サイクルツイスタースリムをただ購入して普通に漕いでいても痩せる事は出来るが、もっと効率よく短期間で痩せたい!合理的なサイクルツイスタースリムでのダイエット方法を伝授!?
サイクルツイスタースリムで乳酸大放出! 速や漕ぎをしないといけないわけ
サイクルツイスタースリムの前ページで紹介した普通漕ぎと速漕ぎのダイエット方法で痩せる事は出来る。ではなぜサイクルツイスタースリムの速漕ぎで体脂肪は燃焼するのか?その仕組みは乳酸にある。
ミトコンドリアを増やすダイエット方法
サイクルツイスタースリムは上半身も同時に鍛える事が出来るエアロバイク。筋肉細胞の中に多く存在するミトコンドリアを増やす事が出来るサイクルツイスタースリムは効率的に痩せる事が出来るダイエット方法です。