エアロバイクはこんな人におすすめ!

こんな人にはエアロバイクがおすすめ

最近、お腹周りがユルくなってきて、メタボが気になりだした。スポーツジム、フィットネスクラブに通いたいが経済的にも時間的にも余裕がない。会社の健康診断までに少しでも痩せたい。

 

こんな人にこそエアロバイクをおすすめします!

 

 

 

痩せたい人にエアロバイクをすすめる3つの理由では、エアロバイクをすすめる、その理由とメリットを紹介。

 

エアロバイク

昨今の高齢化社会で問題になってきたロコモティブシンドローム。そのロコモ予防のためにもエアロバイクの効果が高いこと。軽量コンパクトで、お値段も手ごろな最近のエアロバイクは、高齢者の方の体力に合わせて強度調節できて、体に無理な負担をかけない。

 

老化は足から衰えるなんてよく聞くが、エアロバイクは老化防止、ロコモ予防にも最適。

 

エアロバイクで下半身を重点的に鍛える事によって、痩せやすく、太りにくい体を実現できる。人間の体の筋肉は主に下半身に集中している。筋肉は体脂肪を燃焼できる唯一の器官なので、下半身を鍛えて体全体の筋肉量を増やせば、代謝が上がり効率よく脂肪燃焼が出来る。

 

エアロバイクで下半身を鍛える事により、リバウンドの防止にもつながる。食事制限だけで痩せようとすると、食事の量が減った事により脳が飢餓状態であると勘違いして、エネルギーの消費を抑える省エネモードに入ってしまう。

 

たとえ目標体重まで痩せたとしても、それでダイエット終了とばかりに食事量を元に戻せば、カロリー消費の少ない省エネモードのままの状態で、痩せる以前と同じカロリーを摂ってしまうと、当然リバウンドしてしまう。

 

だから痩せたいのなら、食事制限だけでなくエアロバイクの併用をおすすめする。

 

 

 

エアロバイクで会社の健康診断までに痩せたい!?は、いつも会社の健康診断で悪い数値ばかり出ている人には必見!

 

会社の健康診断までという期間が限られている以上、ウォーキングやジョギングでは間に合わない。スポーツジムやフィットネスクラブに通う時間すらもったいない。時間がないからこそ自宅でのエアロバイク継続をおすすめする。

 

さらに実践的な効果の高い漕ぎ方は、サイクルツイスタースリムでダイエット!もっと効率よく痩せたい!で詳しく紹介。

 

 

 

痩せたい! 早く、楽して、ムリなく痩せたい!!の記事では、エアロバイクでダイエットするメリットをご紹介。

 

ムリで過激なダイエットは、健康、美容の面でもよくない。短期間で急激に痩せてもリバウンドの可能性が高く、とてもおすすめできない。前述のように食事制限だけのダイエットでは、筋肉量が落ちてしまうので、筋肉量維持のためにもエアロバイクをおすすめする。

 

健康や美容、ダイエットのためにウォーキングやジョギングを始める人は多いが、続けられる人は少ない。気温や天気の影響を受けやすいウォーキングやジョギングは続けるためのハードルが非常に高く、アスリートならともかく、ダイエット目的の素人では、なかなか続けることができない。

 

しかし家に1台エアロバイクがあれば、続けるためのハードルはかなり下げることができる。エアロバイクを毎日続けることができれば、ダイエットはもう半分成功したも同じといえる。

 

 

エアロバイクなら膝関節の老化も防げます!体を激しく動かすと関節に負担がかかり、関節を痛めて怪我のリスクが高まる。この記事では関節を痛めないためにもエアロバイクが有効であることを説明。

 

ジョギングやウォーキングは膝関節への衝撃が思っている以上にかなり強い。加齢などにより関節が弱まっていた場合は、さらに衝撃が強くかかる。

 

特に高齢者の場合、膝の痛みがひどくなると、外に出るのが億劫になり家にこもりきりで動かなくなる。そうなると骨や筋肉がおとろえ始め、さらに動かなくなり外に出なくなる。

 

この悪循環で骨や筋肉が弱くなると、転倒や骨折しやすくなり、最悪そのまま寝たりになる可能性も出てくる。そうならないためにも膝の負担や関節の衝撃を少なくして足腰を鍛えられるエアロバイクがおすすめ。

 

 

 

エアロバイクでリラックスホルモン分泌!では、代表的なリラックスホルモン、セロトニンを効率よく分泌する方法の数々を紹介。

 

セロトニンの分泌には一定のリズムで、何も考えずに行える単調なリズム運動によって分泌される。なので、やはりここでもエアロバイクがおすすめです。

 

セロトニンは太陽が出ている昼間に多く分泌されます。特に朝日を浴びるのは大変効果的で、そのためには夜更かし、睡眠不足などの不規則な生活習慣は見直さないといけません。

 

セロトニンの分泌にはトリプトファンとビタミンB6が必要です。カツオやマグロなどの赤身の魚や豆腐、納豆、豆乳、チーズ、ヨーグルト、調味料では、にんにく、しょうが、トウガラシなどを意識して摂る事により、セロトニンが効率よく分泌されます。

 

涙と笑いもセロトニンの分泌に大きく関係があります。涙も笑いもストレスの発散に効果があるのは良く知られていますが、自律神経がリセットされると同時にセロトニンが合成され、スッキリとストレスが発散されるのです。

エアロバイクはこんな人におすすめ!記事一覧

最近、お腹周りがユルユルになって来た。運動はやりたいが、ジムに通う余裕がない。会社の健康診断で運動不足を指摘された。意志が弱く、ジョギングもウォーキングも続かない。毎日体を動かすことを習慣にしたい。こんな人にこそエアロバイクはピッタリです。最近のエアロバイクは価格もお手頃で、わざわざジムに行かなくても家で手軽にできます。テレビを見ながら、人と会話しながら、音楽を聴きながら、好きな時間に好きなだけ漕...

もうすぐ会社の健康診断がある・・・。毎回、医者から運動不足を指摘される・・・。メタボ体型をもう少し何とかしたい・・・。アメリカの会社では、肥満体型は自己管理が出来てない証拠とみなされ、出世できないらしい・・・。そんなあなたにこそ、エアロバイクがおすすめです!会社の健康診断までの限られた期間、短期決戦で痩せたいと思ったら、ウォーキングなんかやってたんじゃ間に合いません。ジョギングするにしたって、太っ...

急激なダイエットは、美容、健康面でもよくない、ただ単に細いだけではなく、健康的にムリなく痩せたい・・・。そんなあなたにこそエアロバイクをオススメします!ご存知の通り過激で無理なダイエットは、健康を損なう恐れがあります。1カ月で5キロ、10キロとか、ムリして急激に落としたとしても、リバウンドする可能性が高いんです。特に食事制限だけのダイエットは危険です。極端な食事制限をすると、体は飢餓状態であると判...

運動する事で、筋肉や骨は年齢に関係なく強くする事が出来ます。でも関節だけは、あまり強い運動をやり過ぎると老化を進めてしまいます。関節には血管が通っていないので、一度損傷してしまうと、なかなか回復しないのです。アスリートでも多いですよね、膝や肘の関節を痛めて怪我で引退してしまう選手が。引退するアスリートまでは行かなくとも、陸上、サッカー、バスケットボール、バレーボールなどの部活をがんばっている中高生...

セロトニンというホルモンをご存知でしょうか?ストレスを軽減して、気持ちをリラックスさせるホルモンなんですが、このセロトニン、分泌させるための簡単な方法があるんです。それはリズム運動。一定のリズムで行われる運動の事で、1日5分~30分の疲れない程度の運動でイイんです。何も考えずにできる単調なリズムがセロトニンの分泌を促します。例えば、ついついやってしまう貧乏ゆすり、あれも無意識にセロトニンを分泌させ...