腹筋を割る! タテ割れ! ヨコ割れ! ナナメ割れ! 6パックの板チョコボディを実現する!!

腹筋を割る! タテ割れ! ヨコ割れ! ナナメ割れ! 6パックの板チョコボディを実現!!

バキバキに割れた腹筋は男子のあこがれ。板チョコやカレーのルーのようにハッキリクッキリと割れ目の付いた腹筋は並大抵の努力では手に入れられない。女子の場合は薄っすらとタテの線が浮き出たクビレのあるお腹周りにあこがれる。そのあこがれを現実に変えてくれるかもしれない記事をご紹介。

 

 

 

腹筋を割りたいけど割れない・・。まずは割れない理由を洗い出し! の記事の中では、腹筋を割りたいと思っているのに割れてない理由や、腹筋を割るために必要な知識を紹介する。

腹筋

 

腹筋を割るためには筋トレは必須項目だが、正直、続けられる人はごくわずか。いわゆる上半身を起こして倒すオーソドックスな腹筋運動では腹筋を割ることはできない。なぜか? 記事の中で詳しく説明する。

 

また筋トレで腹筋だけを鍛えても腹筋は割れて見えない。板チョコやカレーのルーのように見事に割れた腹筋を出現させるためには何が必要か? その秘密にせまる。

 

 

 

腹筋を割るための知っててお得な基礎知識 腹筋には姿勢の維持やお腹の中にある内臓を押さえ込む役割がある。腹筋自体にもいろんな役割に応じて複数の腹筋が動いている。複数の腹筋を鍛えタテ割れ、ヨコ割れ、ナナメ割れを実現するための体脂肪率の目安など詳しく紹介する。

 

 

 

割れた腹筋

腹筋を割るメリット、割らないデメリット
できるビジネスマン、会社経営者は皆、体を鍛えている。しかも自分専用パーソナルトレーナー付きのプライベートジムで。やはり仕事ができる優秀な人というのは自分の体に自己投資するのが一番リターンが大きいことをわかっている。その自己投資により鍛えられた体の象徴といえるのが割れた腹筋。割れた腹筋には節制やストイックさや向上心を感じる。何も考えず不摂生な生活を続けていては絶対に手に入らないものだから。

 

腹筋が割れるほどに体を鍛えていると脳力アップというオマケまでついてくる。なぜそうなるのかは記事にゆずる。脳細胞、快楽系ホルモンなどについてくわしく解説している。

 

 

 

できる

鍛えられた腹筋は高い脳力の証! 腹筋が割れている人は仕事ができる人、トレーニングを続けられる人と思ってもらってほぼ間違いない。仕事ができる人というのは目標に至るまでの計画を立て、その計画を実行できる行動力がある。ダイエットや筋トレにも同じことが言える。痩せる、筋肉を付ける、腹筋を割るという目的のためにプランを定めスケジュールを組み実行にうつすことができる。

 

また腹筋が割れるくらい筋トレをしている人は若く見える。筋トレを続けていると血行が良くなり顔色もよくなる。代謝も内臓の動きも良くなり老廃物も排出してくれる。そして何より筋トレをすると若返りホルモンといわれる成長ホルモンが分泌される。加齢による影響で成長ホルモンの分泌は少なくなっていくのだが、筋トレをすると分泌量を増やすことができる。あと記事の中ではさらなるアンチエイジングについて紹介している。

 

 

 

筋トレは脳のアンチエイジングとロコモ予防に効果絶大! 筋トレにはストレス発散の効果が高いといわれている。脳に刺激をあたえる筋トレにはうつや認知症の予防にも効果がある。ウォーキングやジョギングに認知症予防の効果があることは以前からわかっていたが、筋トレにも同様の効果がある。

高齢者

 

高齢者にとっては認知症の予防効果も大事だが、やはりロコモ予防効果も見逃せない。ロコモ予防というと、どうしても高齢者特有の症状のように思いがちだが、じつは若年化がすすんでいる。筋肉は加齢とともにおとろえ、使わないとさらにおとろえるスピードがはやくなる。ロコモ予防には自分にあった適度な負荷で体を動かせるサイクルツイスタースリムがおすすめ!

 

 

 

食べなければ痩せて腹筋は割れる。でも・・・ 体脂肪は太古の昔、人類がまだ飢餓と戦わなければならなかった時代、カロリーを体の中に溜め込むために必要なシステムではあったのだが、現代の日本人が飢餓と戦う必要などまずない。それどころかファストフードやコンビニが普及して24時間食べる物には困らない。さらに家電やIT技術の進歩により人は体を動かさなくなり、摂取カロリーは増える一方、消費カロリーは減らなくなった。

 

摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすには、当たり前だが食事制限と筋トレしかない。記事の中では痩せるとはどういうことかについても言及。ただ単に体重が減ったらいいというモノでもないのだ。詳しい内容は記事にゆずる。

 

 

 

痩せるとは体脂肪が減ること! 体重という数値にまどわされてはいけない!! 痩せたくてダイエットした経験のある人なら聞いた事ぐらいはある「かくれ肥満」。見た目は全然太ってなく、むしろ痩せているぐらいなのだが筋肉量が少なく脂肪が多い人のことをいう。見た目や体重よりも体脂肪率を気にしてほしい。男性なら体脂肪率25%以上、女性なら30%以上の人は要注意。

 

割れた腹筋を浮き上がらせるためにはどのくらいの体脂肪率がイイのか? 腹筋を割るためには有酸素系か無酸素系のどちらがイイのか? 詳しくは記事で。

 

 

腹筋

 

いわゆる”腹筋運動”では腹筋は割れないという事実 歳を取るごとにつき出てきた腹をへこませよう、引っ込めようと思った時、たいていの人はいわゆる腹筋運動、シットアップというヤツを始めがち。しかし、このシットアップやってみればわかるが、腹筋、とくに腹直筋に対してあまり効いている感じがしない。じつはこのシットアップ、意外とフォームが難しく腹直筋になかなか効かせられない。

 

また、このシットアップで鍛えられるのは主に腹直筋上部で、腹直筋下部も鍛えないとキレイなシックスパックは浮き上がってこない。その腹直筋下部を鍛えるには・・・。このあとは記事で。

 

 

 

腹筋を割るために鍛えるべきすべての筋肉 この記事の中では筋肉、とくに腹筋の役割や詳細についてくわしく解説している。腹筋を鍛えることをテーマにしてはいるが、じつは腹筋とは、お腹周りにある筋肉の総称で、腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋の4つの筋肉にわかれている。それぞれの筋肉の存在する位置や役割、詳細については記事本文にゆずるが、実はこれら腹筋群さえ鍛えて入れは腹筋は割れるのかというと、そう簡単にはいかない。

 

ほかにも腸腰筋、脊柱起立筋、広背筋、僧帽筋、大臀筋、中臀筋など鍛えておくべき筋肉はたくさんある。詳しい内容は記事で。

 

 

スクワット

 

腹筋を割るためには背中もお尻も食事も睡眠も重要!! 腹筋を割るためには腹筋群だけ鍛えればイイというのもではない。背中と腰回りの筋肉も鍛える必要があるのだが、それには3つの理由がある。詳しい内容については記事本文にゆずるが、記事では背中や腰回りの筋肉以外にも、やはり下半身の筋肉も鍛えることをすすめている。特にスクワットはフォームひとつで効かせられる部位に変化をつけることができ、バリエーション多彩なので、ぜひおすすめしたい。 

 

また、腹筋を割るためには筋肉を鍛えるだけではなく休養も必要であることを説明する。超回復のことや、どのくらいの休養期間が必要なのかについても解説。詳しくは記事で。

 

 

 

筋肉の機能と体幹の重要性 せっかく筋トレするのなら、だた筋肉を太く大きくするだけよりも、使える筋肉にした方がイイ。そのためには柔軟性、可動域、安定性などが求められ、これらをバランスよく連動させることで高いパフォーマンスを発揮できる。さらに体幹をうまく使うことができれば体を機能的に動かすことができる。

ヨガ

 

体幹を鍛えるメリットは多く、姿勢がよくなり安定して、一本芯が通ったようになる。ヨガの難しいポーズなども簡単にとれるようになる。

 

体幹は歩く行為にも深く関係している。歩くとき、なにも足の筋肉だけで歩いているわけではない。体幹の筋肉、腸腰筋や大臀筋、中臀筋も歩くという行為に参加している。どういうふうに参加しているかは記事本文で。

 

 

 

腹筋を割るための生活習慣と意識改革  多少大袈裟な記事タイトルのような気がしないでもないが、本気で腹筋を割りたいのならこのくらいの意気込みでのぞんでほしい。

腹筋

 

記事中でも書いているのだが、腹筋を割るための筋トレを始めるにあたって「時間があるときにやろう」という考え方は絶対に捨ててほしい。それだと絶対に腹筋は割れない。筋トレが続かない。仕事で疲れて帰ったとき、筋トレするのが面倒に感じたとき、「時間があるときにやろう」という意識では時間があってもやらなくなってしまう。優先順位の1番上に筋トレを持ってくるぐらいの意識でやらないと腹筋は割れないのだ。

 

 

ドカ食い

 

腹筋を割るための食生活について 腹筋を割るためには筋トレも大事だが、やはり食生活にも気を付けないといけない。常日頃から普段何を食べているのかを把握していないといけない。そのためには食事内容の記録をおすすめする。

 

今の日本は飽食の時代なので食べ過ぎている人が多い。食事量を数字で認識して正しい食事制限をしなければいけない。記事ではほかにタンパク質や糖質の摂取についても記述している。

 

 

 

腹筋を割る目的をハッキリさせる 腹筋を割るための筋トレは決して楽なものではない。なので強い目標がないとモチベーションも上がらないしトレーニングも続かない。

 

始めた動機は「自信がつく」とか「カッコ良くなる」とか「モテる」などのベタな目標でもいいのだが、正直それではモチベーションは続かない。少しぐらい体を鍛えて少々の筋肉がついたからといって急に自信なんかつかないし、とくにカッコ良くもならないし、いつまでたってもモテ期なんて来ない。トレーニングを続ける意味を見い出せなくなる。

 

そんな時、筋トレを続けていける人というのは何を考えどう行動するのか? 詳しくは記事で。

 

 

トレーニング

 

目標は数字で見える化し、決めたルールを曲げない 腹筋を割るための筋トレを始めるにあたり、具体的な数値目標を決めておいた方がイイ。体脂肪率や体重、腹回り何センチなど。その方が今の自分のレベルを把握しやすいし、目標とする数値まであとどのくらいかも分かりやすい。あとどのくらい頑張らなければいけないのか見える化しておくとヤル気も出やすい。

 

また、記事の中では毎日筋トレしても超回復を得られる簡単な筋トレ方法を紹介している。

 

腹筋を割る! タテ割れ! ヨコ割れ! ナナメ割れ! 6パックの板チョコボディを実現!!記事一覧

腹筋が割れている人には憧れる。単純にうらやましいなと思う。自分のタルんだ突き出た腹と比べてみて軽い嫉妬心すらおぼえる。イヤ、最近歳を重ねてきたせいか、その悔しいと思う気持ちすらも薄れてきている気がする・・・。腹筋割りたいけど、なぜ割れないかは自分が一番よくわかっている割れている腹筋には憧れる、自分もできることなら腹筋は割ってみたい。ではなぜ自分の腹筋は割れていないのか? なぜこんなにもタルんで突き...

前のページ腹筋を割りたいけど割れない・・。まずは割れない理由を洗い出し!でも書いたが、腹筋はもとから割れている。腹直筋にはタテに白線、ヨコに腱画が走り、最初から6パックに割れている。生まれた時から、もっと言うと胎児のときから白線、腱画は存在し腹筋は割れている。腹筋の役割とは?腹筋は体幹といわれる部分にあたり、主に姿勢を安定させたり、内臓をおさえ込む役割がある。腹筋が弱いと内臓を体の中におさえ込むこ...

現在、ビジネスシーンの最前線で活躍しているビジネスマン、会社経営者は体を鍛えている人が多い。多忙を極め寸刻を惜しんで仕事に打ち込みながらもジムに通い体を鍛えている。しかも通っているジムもそのへんにある町のスポーツジムや駅前のフィットネスクラブではなく、少々お高いパーソナルトレーナー付きのプライベートジム。自分の体への投資が一番リターンが大きい!まあ、ビジネスシーンの最前線で活躍しているビジネスマン...

自分を律して節制し、毎日トレーニングに励んで体を鍛えぬき、割れた腹筋を獲得している人は、やはり仕事ができて能力の高い成功している人が多い。仕事ができる人=トレーニングを続けられる人逆に「腹筋を割ってやるぞ!」と一念発起し筋トレを始めたのはイイが、数日たつとモチベーションも急降下し、結局三日坊主で挫折してしまう人もいる。筋トレが続かない人の特徴としては、もともとの目的もハッキリしていなく、具体的な目...

仕事のできるビジネスマンといえど、ストレスとの付き合い方は気を付けないといけない。筋トレにはストレス解消の効果があることがわかっていて、交感神経が刺激をうけると若干興奮状態になり心拍数も上がるが、考え方が前向きになり意欲が出てくる。筋トレすることで分泌される有益なホルモン快楽系のホルモンもストレスの発散には役に立ってくれる。うつの予防や改善のためには筋トレで脳に刺激をあたえるのも効果がある。事実、...

前のページ、筋トレは脳のアンチエイジングとロコモ予防に効果絶大!の中でも述べたが、食事から得られる摂取エネルギーよりも消費エネルギーの方が少ない場合、余剰エネルギーが脂肪に変わり、人は太ってしまう。現代日本にはそぐわないシステムで体脂肪は貯まっていく・・・もともと体脂肪というのは、長い飢餓状態と戦わなければいけなかった人類が獲得した生き残るためのシステムで、次にいつ食べ物にありつけるかわからない太...

前項、食べなければ痩せて腹筋は割れる。でも・・・にも書いたが、痩せる=体重が減るという数字だけの問題ではなく、脂肪を減らさないと意味がない。痩せて腹筋を割るためには皮下脂肪を燃焼させないと割れた腹筋は浮き上がってこない。体重よりも体脂肪率を気にかけて! かくれ肥満に気を付けて!!これからは体重重視の考え方を体脂肪率重視に意識を変えてほしい。もう、ここ何年も体重は増えていないからといって安心していて...

単純に摂取する食事の量を減らせば痩せることはできる。しかし、極端な食事制限は肉体に飢餓状態であると勘違いさせてしまい、消費カロリーをひかえる省エネモードに移らせてしまう。そして、体の中で1番エネルギーを消費する燃費が悪い器官”筋肉”を分解しにかかる。筋肉が分解され体全体の筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝量が下がってしまい脂肪燃焼効果の悪い体になってしまう。生命維持を最優先し、筋肉を分解するたとえば...

腹筋を割るための記事をここまで書いてきて今さらなんだが、腹筋という名前の筋肉はない。鍛えて割りたいヘコませたい! 憧れの6パックを手に入れろ!!の中でも書いたが、正確には腹回りにある複数の筋肉のことで、腹筋群といわれる。腹筋だけ鍛えていればイイってもんじゃない!!筋肉には大きくわけて3種類あり、「骨格筋」「平滑筋」「心筋」の3つに分けられる。骨格筋はその名のとおり関節をまたいで骨にくっついている筋...

前のページ腹筋を割るために鍛えるべきすべての筋肉でも書いたが、腹筋を割るためには腹直筋だけ鍛えればイイというモノではない。背中や尻まわりの筋肉も合わせて鍛える必要がある。腹筋を割るために背中と尻の筋肉を鍛える3つの理由お腹周りをヘコませたい、美しいクビレが欲しい、バキバキに割れた6パックを手に入れたい。そう思った時どうしても腹筋だけに注意が向かい、腹筋群の筋トレだけをしてしまう。しかし腹筋を割るた...

腹筋を割るためにシットアップで腹筋を鍛える。この時、腹直筋を丸めてしっかりと収縮させないといけないのだが、慣れないうちはうまくいかないかもしれない。上半身をまっすぐにしたまま起こすオーソドックスなのはできても、背骨や背筋に柔軟性がないとうまくできない。筋肉に求められる力筋トレで筋肉を鍛えても、それだけではダメで、ただ筋肉を大きく太くするだけではなく使える筋肉に仕上げないといけない。そのためには筋肉...

今まで述べてきたように筋トレで筋肉を鍛え、皮下脂肪を燃焼させ腹筋を割るためには、トレーニングだけ頑張っても不可能で、やはり「食事」と「休養」は欠かせない。腹筋を割るためには規則正しい生活が大事腹筋を割るためのトレーニングの時間は、朝にするのか、夜にやるのかは決めておいた方が続けやすい。腹筋を割るためには背中もお尻も食事も睡眠も重要!!でも書いたが、筋肉が超回復するのに48~72時間必要なので、それ...

前のページ腹筋を割るための生活習慣と意識改革では筋肉を鍛え腹筋を割るためには睡眠が大事であることを述べたが、睡眠と並んでとても大事なのが「食事」だ。腹筋を割るためには食生活の現状把握から食事の原則としては摂取カロリーよりも消費カロリーが少なければ太り、摂取カロリーよりも消費カロリーが多ければ痩せる。「今、自分は食べ過ぎているのだろうか?」と考えたとき、昨日の昼食を思い出せないようでは具合が悪い。食...

腹筋を割るためのトレーニングは、正直ラクではない。筋トレをして筋肉を付け、腹直筋の上の皮下脂肪を落とすため脂肪を燃焼させる。つまりはダイエットをしないといけない。結構ツラく苦しい道のりが続くのだ。ハッキリとした強い目標がないとモチベーションが続かない。腹筋が割れている人の目的意識と思考習慣腹筋が割れてることのメリットとは、「モテる」「自信がつく」「今よりかカッコ良くなる」など、いろいろあるが、始め...

「腹筋を割りたい」という最終の目的を達成するにあたって、具体的に数値化しておきたい。その方が目的の達成具合や進捗状況を把握しやすく、目的までの道のりや自分が今どこにいるのか分かりやすい。腹筋を割るための具体的な数値目標腹筋が割れているレベルの体とはどのようなものなのか? 具体的な数字を上げてみると、体脂肪率でいえば11~13%ぐらいになる。今の自分の体脂肪率と比べて、あとどのくらい絞らなければいけ...