いわゆる”腹筋運動”では腹筋は割れないという事実

いわゆる”腹筋運動”では腹筋は割れないという事実

単純に摂取する食事の量を減らせば痩せることはできる。しかし、極端な食事制限は肉体に飢餓状態であると勘違いさせてしまい、消費カロリーをひかえる省エネモードに移らせてしまう。そして、体の中で1番エネルギーを消費する燃費が悪い器官”筋肉”を分解しにかかる。

 

筋肉が分解され体全体の筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝量が下がってしまい脂肪燃焼効果の悪い体になってしまう。

 

生命維持を最優先し、筋肉を分解する

たとえばダイエット効果が高いといわれている”断食” 確かに一切の食べ物を断つわけだから痩せるのは当たり前として、ダイエットで実行するには少々危険がともなうので、必ず専門家の指導の下で実践しないといけない。素人が1人でやるなんてもってのほかだが、この断食の最中などはまさに飢餓状態のそれで、脂肪よりも筋肉の分解が進むといわれている。

 

脂肪はエネルギーをためておくのに便利で都合がいいので取っておいて、まずはエネルギー消費が高く燃費の悪い筋肉から分解しにかかる。生命維持のための体にそなわった本能だといえる。なので筋肉が減らないために筋トレして筋肉に刺激をあたえ続けないといけない。

 

体に筋肉が必要であることを訴えるわけだが、筋肉を減らさず、さらに増やすためには当然、筋肉を作るための材料を体に取り入れていかないといけない。筋トレの最中は意識してタンパク質を摂らないといけない。

 

タンパク質摂取と筋トレで腹筋を割る!

最近腹が出てきた、引っ込めよう、腹筋を割ろうと思った時、まず誰もが手始めにおこなうのが、いわゆる”腹筋運動” シットアップというヤツなのだが、このシットアップ、鍛えて割りたいヘコませたい! 憧れの6パックを手に入れろ!!の中でも書いたのだが、意外にフォームがむずかしく、なかなかうまく腹筋に効かせることができない。

力こぶ

 

なぜか? まずは筋肉の仕組みから考えてみたい。筋肉は体の動きに合わせて伸び縮みするもので、たとえば鉄アレイを持って上に持ち上げる時に力こぶができる。これは鉄アレイを持ち上げるために上腕二頭筋が収縮しながら力を出しているからだ。腕を曲げているので上腕二頭筋は短くなっている。これを「短縮性収縮」という。

 

腕相撲

また、持ち上げた鉄アレイを動かすことなくずっと同じ位置でキープして持ち続けているのを「等尺性収縮」という。ずっと同じ位置で筋肉が伸びることも縮む事もなく同じ長さのまま力を出し続けている状態で、1番分かりやすいのが腕力が拮抗した者同士の腕相撲。腕の筋肉は伸びることも縮むこともなく、おたがい動く事もなく押し合っている状態。アイソメトリクスともいわれる。

 

持ち上げた鉄アレイをゆっくりと力を入れながら下していくとき、筋肉は伸びながら力を発揮している状態で、これを「伸張性収縮」という。

 

つまり筋肉は収縮させて力を発揮させないと強くなれないし、鍛えられない。そこで世間一般の方のイメージするシットアップを思い出して欲しい。まっすぐ横になった状態から上半身を起こし、完全に起き上がって、またまっすぐ横になる。

 

実際にやってみるとよくわかるが、お腹の筋肉、腹直筋は収縮しているだろうか? ほとんどしていないのではないか? 上半身をまっすぐ伸ばしたまま起こしても腹直筋の収縮は少なく、これではあまり鍛えられていない。

 

腹直筋を収縮させるには、横になった状態から腹直筋に意識を置いて頭を起こし、肩を起こし、胸を起こし、これ以上腹直筋が縮まないところまで行ったら、ゆっくりともとに戻す。戻しきった時も完全に横になり頭を床につけてしまうのではなく、頭と肩は少し浮かして腹直筋が常に収縮している状態をたもつようにする。

 

下腹部を割ってこそキレイな6パックは完成する

正しいシットアップのやり方は以上のとおりなのだが、このシットアップだけでは腹直筋の上部は割れても、下部はうまく割れない。腹直筋の下部を割るには下半身を持ち上げるレッグレイズというトレーニングをやる必要がある。

 

レッグレイズとは超簡単にいってしまうとシットアップの下半身バージョン、シットアップが上半身を起こしたり戻したりするのに対し、レッグレイズは足を起こしたり下げたりする。シットアップよりかは若干強度が高いが、その分効果も高い。あと少なからず腰に負担をかけるので腰痛が心配な人は気を付けてやった方がいい。

関連ページ

腹筋を割りたいけど割れない・・。まずは割れない理由を洗い出し!
腹筋を割るためには筋トレと食事制限は必須項目。腹筋を割りたいと思っている人も運動していない食事も気を付けてない。でも、それほど難しい努力をしなくても腹筋を割るくらいのことはできる。
知っててお得な基礎知識
効率のいい腹筋の割り方、鍛え方について。タテ割り、ヨコ割り、ナナメ割りの実現のための考え方などを伝授
腹筋を割るメリット、割らないデメリット
腹筋を割ることのメリットは大きい。ビジネスマン、会社経営者で体を鍛えている人は多い。自己投資の中でも一番リターンが大きい。脳力アップにもつながる。
鍛えられた腹筋は高い脳力の証!
腹筋が割れている人は仕事もできる成功者が多い。トレーニングを続ける意志も強く、結果を出すまであきらめない。筋トレしていると成長ホルモンが分泌され人は若く見える。
脳のアンチエイジングとロコモ予防に効果絶大!
筋トレにはアンチエイジング効果が高いことがわかっている。またうつ症状の予防にも効果があり、快楽系のホルモンが脳にいい刺激をあたえてくれる
食べなければ痩せて腹筋は割れる。でも・・・
食べなければ痩せることはできるし腹筋も割れる。しかしそれでは筋肉が減って痩せにくい太りやすい体になってしまう。腹筋を割るためには筋トレも並行してやらないといけない。
痩せるとは体脂肪が減ること! 体重という数値にまどわされてはいけない!!
体重よりも体脂肪率を減らさないと痩せた事にはならない。標準体重より少なくても体脂肪率が高ければ、それはかくれ肥満になる。腹筋を割るためには有酸素も筋トレも両方するのがおすすめ
鍛えるべきすべての筋肉
腹筋を割りたいからといって、腹直筋ばかり鍛えていても腹筋は割れない。そのほかの筋肉も鍛える必要がある。
背中もお尻も食事も睡眠も重要!!
腹筋を割るためには背中と尻の筋肉も鍛える必要がある。また超回復と筋肥大を得るために、しっかりとした休養が必要になる。
筋肉の機能と体幹の重要性
筋肉には柔軟性、可動域、安定性などが求められる。体幹を鍛える事により得られるメリットが多く基礎代謝も上がり筋トレ時のフォームが安定するようになる。
生活習慣と意識改革
腹筋を割るためには意識改革も必要。トレーニングだけでなく休養のも気を付けたい。成長ホルモンが大量に分泌されるタイミングや安眠のコツなどをご紹介。
食生活について
腹筋を割るためには食事も大事。意識してタンパク質を摂るようにしないといけないし、糖質の摂り方は注意しないといけない。
目的をハッキリさせる
腹筋を割るためには目的をハッキリさせる必要がある。じゃないとトレーニングを続けていくモチベーションが上がらない。自分のクセや行動パターンも考えてトレーニングして行く。
目標は数字で見える化し、決めたルールを曲げない
腹筋を割るためには目的を数値化する必要がある。数値化した方が今どのくらい達成したのか、現在どの辺に居るのかが分かりやすい。