筋肉の機能と体幹の重要性

筋肉の機能と体幹の重要性

腹筋を割るためにシットアップで腹筋を鍛える。この時、腹直筋を丸めてしっかりと収縮させないといけないのだが、慣れないうちはうまくいかないかもしれない。上半身をまっすぐにしたまま起こすオーソドックスなのはできても、背骨や背筋に柔軟性がないとうまくできない。

 

筋肉に求められる力

筋トレで筋肉を鍛えても、それだけではダメで、ただ筋肉を大きく太くするだけではなく使える筋肉に仕上げないといけない。

 

腹筋

そのためには筋肉と関節のやわらかさである柔軟性が求められ、動かせる範囲の広さである可動域や、主動筋と拮抗筋がうまく連動して動き、体の姿勢を支える安定性などが求められる。これらの能力が高いレベルで能力を発揮しながら、互いにバランスよく連動しあって高いパフォーマンスを発揮することができる。

 

割れた腹筋を手に入れるためにやっているシットアップやレッグレイズにしても、これらの機能を十分に使って効率よくトレーニングして欲しい。

 

のぞむ結果は意外に早く手に入るかも知れない。

 

体幹をうまく使って動く重要性

体幹を上手に使うことができればうまく機能的に体を動かすことができる。しかし体幹とひと言で言うがどの部分を指して体幹というのか? じつはコレにはハッキリとした定義はない。指導者によっても認識がちがっていてまとまってはいないが、大まかには手と足と頭を除いた胴体部分のことを指していると思って間違いはない。

 

体幹部分には赤い筋肉(赤筋)が多く存在している。赤筋は骨を支え姿勢を維持し、そのうえカロリー燃焼や基礎代謝が高い筋肉なので、体幹を筋トレで鍛えると基礎代謝が上がり効率よく脂肪燃焼してくれる体になる。いくら腹直筋を鍛えて腹筋を割っても、その上に分厚い皮下脂肪が乗っかっていては割れた腹筋は浮き上がってこない。体幹を鍛え脂肪燃焼効果を高め皮下脂肪をそぎ落とさないといけない。

 

ヨガ

体幹を鍛えると体に一本の芯が通ったみたいになり、姿勢が安定しブレがなくなる。実際に姿勢も良くなるし、ヨガなどの難しいポーズも難なくとれるようになる。電車やバスなどで揺れるたびにフラついてしまうという人は、しっかりと立てるようになる。

 

体幹が鍛えられてくると筋トレをしている時のフォームも決まるようになる。筋トレ時はフォームがとても大事で、間違ったフォームでトレーニングしても成果が得られないばかりがケガをする恐れもあるので、気を付けないといけない。体幹を鍛えることにより、ハードなトレーニングもこなせるようになってくる。

 

人間の体自体が、真ん中の体幹部分は大きく、端に行くほど、手や足は細く小さくなっていく。体幹がしっかりしていないと、末端の手先、指先はブレブレで負担もかかるしケガにもつながる。体幹を鍛えるメリットは予想以上に大きいのだ。

 

体幹を使って歩くことの重要性

歩くという行為は足が地面を蹴って前進する力によって前に進むことができる。ハムストリングスは地面を蹴った足のひざを曲げ、太もも部分を前に出しながら着地に備える。しかしここで注意してほしいのは、地面を蹴っているのはハムストリングスではなく、大臀筋や中臀筋などの体幹部分の筋肉だ。

 

だから体幹がしっかりと鍛えられていなく地面を蹴る力が弱いとハムストリングスにしわ寄せがいき肉ばなれなどを起こしてしまう。太もも前の筋肉にも負担がかかりパンパンに張ってしまい関節を痛める可能性もでてくる。

 

体幹の中では腸腰筋も重要な役目をになっている。腸腰筋は太ももを引き上げる筋肉で、大臀筋や中臀筋とは逆の動きをする。筋肉が動くとき、拮抗筋抑制という作用が働くことがわかっている。

 

これは特定の筋肉が動くときに、その筋肉の反対側の筋肉を動かないようにする機能で、特定の筋肉が動きやすくするための機能だ。大臀筋や中臀筋の収縮により地面を蹴って前に進もうとしている時、腸腰筋に機能は抑えられているのだが、腸腰筋が凝り固まった状態だと、大臀筋や中臀筋の動作を妨げてしまう。そうなるとハムストリングスに余計な負担がかかり肉ばなれを起こしてしまう。

 

ハムストリングスや太もも周りの肉ばなれの場合、太ももに原因があるのではなく、腸腰筋に問題があり、おとろえているのが原因かもしれない。なので腸腰筋には拮抗筋抑制の場合はその機能をしっかりと抑えるようにしてもらわなければいけない。

 

そのためには柔軟性や可動域などの機能を上げていかなければいけない。筋トレの前後に入念にストレッチを行う必要がある。

関連ページ

腹筋を割りたいけど割れない・・。まずは割れない理由を洗い出し!
腹筋を割るためには筋トレと食事制限は必須項目。腹筋を割りたいと思っている人も運動していない食事も気を付けてない。でも、それほど難しい努力をしなくても腹筋を割るくらいのことはできる。
知っててお得な基礎知識
効率のいい腹筋の割り方、鍛え方について。タテ割り、ヨコ割り、ナナメ割りの実現のための考え方などを伝授
腹筋を割るメリット、割らないデメリット
腹筋を割ることのメリットは大きい。ビジネスマン、会社経営者で体を鍛えている人は多い。自己投資の中でも一番リターンが大きい。脳力アップにもつながる。
鍛えられた腹筋は高い脳力の証!
腹筋が割れている人は仕事もできる成功者が多い。トレーニングを続ける意志も強く、結果を出すまであきらめない。筋トレしていると成長ホルモンが分泌され人は若く見える。
脳のアンチエイジングとロコモ予防に効果絶大!
筋トレにはアンチエイジング効果が高いことがわかっている。またうつ症状の予防にも効果があり、快楽系のホルモンが脳にいい刺激をあたえてくれる
食べなければ痩せて腹筋は割れる。でも・・・
食べなければ痩せることはできるし腹筋も割れる。しかしそれでは筋肉が減って痩せにくい太りやすい体になってしまう。腹筋を割るためには筋トレも並行してやらないといけない。
痩せるとは体脂肪が減ること! 体重という数値にまどわされてはいけない!!
体重よりも体脂肪率を減らさないと痩せた事にはならない。標準体重より少なくても体脂肪率が高ければ、それはかくれ肥満になる。腹筋を割るためには有酸素も筋トレも両方するのがおすすめ
いわゆる”腹筋運動”では腹筋は割れないという事実
腹筋運動、いわゆるシットアップはフォームが難しくこれだけでは腹筋は割れない。割れたとしても腹直筋上部だけで下部を割るにはレッグレイズなどと並行しないといけない。
鍛えるべきすべての筋肉
腹筋を割りたいからといって、腹直筋ばかり鍛えていても腹筋は割れない。そのほかの筋肉も鍛える必要がある。
背中もお尻も食事も睡眠も重要!!
腹筋を割るためには背中と尻の筋肉も鍛える必要がある。また超回復と筋肥大を得るために、しっかりとした休養が必要になる。
生活習慣と意識改革
腹筋を割るためには意識改革も必要。トレーニングだけでなく休養のも気を付けたい。成長ホルモンが大量に分泌されるタイミングや安眠のコツなどをご紹介。
食生活について
腹筋を割るためには食事も大事。意識してタンパク質を摂るようにしないといけないし、糖質の摂り方は注意しないといけない。
目的をハッキリさせる
腹筋を割るためには目的をハッキリさせる必要がある。じゃないとトレーニングを続けていくモチベーションが上がらない。自分のクセや行動パターンも考えてトレーニングして行く。
目標は数字で見える化し、決めたルールを曲げない
腹筋を割るためには目的を数値化する必要がある。数値化した方が今どのくらい達成したのか、現在どの辺に居るのかが分かりやすい。