食べなければ痩せて腹筋は割れる。でも・・・

食べなければ痩せて腹筋は割れる。でも・・・

前のページ、筋トレは脳のアンチエイジングとロコモ予防に効果絶大!の中でも述べたが、食事から得られる摂取エネルギーよりも消費エネルギーの方が少ない場合、余剰エネルギーが脂肪に変わり、人は太ってしまう。

 

現代日本にはそぐわないシステムで体脂肪は貯まっていく・・・

もともと体脂肪というのは、長い飢餓状態と戦わなければいけなかった人類が獲得した生き残るためのシステムで、次にいつ食べ物にありつけるかわからない太古の昔に、カロリーを体の中に蓄積しておくために必要なものだった。

 

しかし、今の日本に暮らす現代人が、飢餓状態にさらされることなどまずない。飢餓状態どころか少し気をユルめるとすぐに食べ過ぎて、摂取カロリーをオーバーしてしまい肥満につながる。この飽食の時代にもはや体脂肪にサバイバルとしての役割りは求められていない。

ファストフード

 

普段、今の日本人が食べている物も、どんどん欧米化が進み、コンビニやファストフードが普及したおかげで24時間食べるのもには困らない。とくに現代の日本には海外からおいしい物が集まっていて、日本に居ながら世界中の料理を食べることができるといわれている。

 

働き盛りの仕事ができる成功したビジネスマンなら、経済的な余裕もあるし、若いころとはちがい、それなりの人生経験を重ねた分、おいしいお店も知ってるし行きつけの店も増えてる。家電、IT、技術の進歩によって労働で体を使うことも少なくなり、人は汗をかかなくなった。とくにデスクワークの人はその傾向が顕著に表れる。

 

当然、摂取エネルギーは増えやすく、消費エネルギーは減りにくくなり、肥満が増える環境は整い過ぎている。

 

ただ単に食べなければ痩せるという考え方は絶対NG!

痩せて割れた腹筋を浮き上がらせるためには、日々の食生活を改善し、トレーニングで筋肉を付け基礎代謝を上げて消費エネルギーを増やす。どちらか片方だけではダメで両方やらないといけない。

 

なぜなら、ただ単に食べる量を減らせばイイってものではないからだ。摂取エネルギーが減ってくると先に書いたように体は飢餓状態にあると勘違いしてしまう。すると脳は生命維持のためカロリーをたくさん蓄積している体脂肪を残して、エネルギー消費量の高い筋肉から分解していく。筋肉が少なくなると消費カロリーが下がり痩せにくく太りやすい体になってしまう。

 

筋肉が分解されないためにも筋トレして筋肉を刺激し、体に「筋肉も必要だぞ!」と思わせないといけない。筋肉が消費するエネルギーは基礎代謝中の5分の1に相当する。たとえ寝ている間でも筋肉はエネルギーを消費してくれる。効率よく痩せるためには筋肉を減らさずに維持しないといけない。

 

筋肉が落ちるとシルエットが太って見える

だいたい筋肉が1kg増えるたびに、基礎代謝量は13キロカロリー増えるといわれている。しかし、これはあくまでも筋肉に対する基礎代謝量のことで、内臓の代謝量は含んでいない。筋肉量の多い人は総じて内臓の代謝量も多く、筋肉が1kg増えるごとに50キロカロリー消費する場合もある。

 

筋肉が増えると基礎代謝量が上がるのはわかった。しかし筋肉は脂肪よりも重いはず、その脂肪より重い筋肉を増やして体重は減るのか? そう疑問を感じている人もいるかと思うが、痩せる=体重が減るという、単なる数字だけの問題ではない。痩せるというのは脂肪が減少すること。

 

たとえ数字の上で体重が減ったとしても、脂肪は全く落ちてなく筋肉が減って、その分の体重が落ちた場合、筋肉が減った事により脂肪が燃焼しにくくなりリバウンドしやすくなる。前述したように痩せにくい太りやすい体になってしまう。

 

腹筋を割るとひと口に言うが、そのためには腹直筋を鍛えて、その腹直筋の上にある皮下脂肪を減らさないと割れた腹筋は浮き上がってこない。脂肪が燃焼しにくい痩せにくい体では実現は難しい。

フトビルダー

 

さらに筋肉は脂肪よりも重く、脂肪は筋肉よりも軽い。筋肉は引き締まっていて、脂肪は軟らかく重力に引っ張られると垂れてくる。全く同じ体重の人が2人いたとして、1人は筋肉質で脂肪が少なく、もう1人は筋肉が少なく脂肪が多い場合、筋肉質の人の方はスリムでスマートなシルエットなのに対し、筋肉が少なく脂肪が多い人は全体的なシルエットが丸くタルんだ印象になる。

 

もちろん後者の方が締まりがなく太って見えることは間違いない。

関連ページ

腹筋を割りたいけど割れない・・。まずは割れない理由を洗い出し!
腹筋を割るためには筋トレと食事制限は必須項目。腹筋を割りたいと思っている人も運動していない食事も気を付けてない。でも、それほど難しい努力をしなくても腹筋を割るくらいのことはできる。
知っててお得な基礎知識
効率のいい腹筋の割り方、鍛え方について。タテ割り、ヨコ割り、ナナメ割りの実現のための考え方などを伝授
腹筋を割るメリット、割らないデメリット
腹筋を割ることのメリットは大きい。ビジネスマン、会社経営者で体を鍛えている人は多い。自己投資の中でも一番リターンが大きい。脳力アップにもつながる。
鍛えられた腹筋は高い脳力の証!
腹筋が割れている人は仕事もできる成功者が多い。トレーニングを続ける意志も強く、結果を出すまであきらめない。筋トレしていると成長ホルモンが分泌され人は若く見える。
脳のアンチエイジングとロコモ予防に効果絶大!
筋トレにはアンチエイジング効果が高いことがわかっている。またうつ症状の予防にも効果があり、快楽系のホルモンが脳にいい刺激をあたえてくれる
痩せるとは体脂肪が減ること! 体重という数値にまどわされてはいけない!!
体重よりも体脂肪率を減らさないと痩せた事にはならない。標準体重より少なくても体脂肪率が高ければ、それはかくれ肥満になる。腹筋を割るためには有酸素も筋トレも両方するのがおすすめ
いわゆる”腹筋運動”では腹筋は割れないという事実
腹筋運動、いわゆるシットアップはフォームが難しくこれだけでは腹筋は割れない。割れたとしても腹直筋上部だけで下部を割るにはレッグレイズなどと並行しないといけない。
鍛えるべきすべての筋肉
腹筋を割りたいからといって、腹直筋ばかり鍛えていても腹筋は割れない。そのほかの筋肉も鍛える必要がある。
背中もお尻も食事も睡眠も重要!!
腹筋を割るためには背中と尻の筋肉も鍛える必要がある。また超回復と筋肥大を得るために、しっかりとした休養が必要になる。
筋肉の機能と体幹の重要性
筋肉には柔軟性、可動域、安定性などが求められる。体幹を鍛える事により得られるメリットが多く基礎代謝も上がり筋トレ時のフォームが安定するようになる。
生活習慣と意識改革
腹筋を割るためには意識改革も必要。トレーニングだけでなく休養のも気を付けたい。成長ホルモンが大量に分泌されるタイミングや安眠のコツなどをご紹介。
食生活について
腹筋を割るためには食事も大事。意識してタンパク質を摂るようにしないといけないし、糖質の摂り方は注意しないといけない。
目的をハッキリさせる
腹筋を割るためには目的をハッキリさせる必要がある。じゃないとトレーニングを続けていくモチベーションが上がらない。自分のクセや行動パターンも考えてトレーニングして行く。
目標は数字で見える化し、決めたルールを曲げない
腹筋を割るためには目的を数値化する必要がある。数値化した方が今どのくらい達成したのか、現在どの辺に居るのかが分かりやすい。