寝ながら楽にダイエットする方法

寝ながら楽にダイエットする方法

人間、歳を取っていくと体にガタが出はじめ、シミ、シワ、白髪、薄毛などの老化がすすみ肉体がおとろえはじめる。それと同じくして筋肉も加齢とともに減っていく。筋肉量はだいたい20歳ぐらいがピークで、そこからあとは年々少しずつだが減り続ける。

 

筋トレなどで筋肉に刺激をあたえ続けていると、筋肉量は増えていくが、何もしていないと多少の個人差はあるが50歳ぐらいまでは年0.5~0.7%の割合で筋肉が減っていく。しかし50歳を過ぎてからは筋肉の減り方が急激に上がりはじめる。50歳から80歳までの間は、なんと年1.0~2.0%の割合で筋肉が減っていくといわれている。

 

20歳の時の筋肉量を100%だとすると、50歳の時は80%、80歳の時は、なんと50%という事になる。つまり極端な話、20歳の時は2本の両足で支えていた体を80歳になると一本足で支えていることになる。

 

筋肉量が減ると太りやすくなる

脂肪燃焼

筋肉は体の中でも一番エネルギーを消費する器官なので、その筋肉が減ると基礎代謝が下がり太りやすくなる。基礎代謝とは何もしていなくても消費するカロリーのことで、体温を一定に保つために熱をつくりだしたり、呼吸したり心臓をうごかしたりするエネルギーのこと。

 

基礎代謝は1日のエネルギー消費量の60%を占めていて、筋肉の基礎代謝量はその中の20~30%に達しているので、筋肉量が減ると消費カロリーが一気に減ることになってしまう。

 

歳をとって中年に差しかかっていても若い頃と同じ食事量を摂取していれば、そりゃ当然太る。痩せるためには食事からの摂取カロリーと、体を動かした時の消費カロリーの調整にかかっている。

 

よく言われてる事だがエネルギーの収支バランスを赤字に持っていかなければいけない。消費カロリーよりも摂取カロリーの方が高ければエネルギー収支は黒字になり、黒字分のエネルギーは脂肪として蓄えられ、その結果太ってしまう。消費カロリーよりも摂取カロリーの方が低ければエネルギー収支は赤字になり、体の余分な体脂肪が燃焼され痩せることができる。

 

筋肉量が減ると基礎代謝量も下がり、消費カロリーが落ちる。エネルギー収支は黒字になり体脂肪が増え太っていく。これが中年太りのメカニズムなのだ。

 

痩せるための近道は筋肉量にあり!!

筋肉量が減ってくると体を動かすのがつらく、苦しく、面倒になってくる。そのためさらに動かなくなり消費カロリーが減っていく、そしてさらに太っていく。いわゆる負のスパイラルのくり返し。

筋トレ

 

ビルの1階から2階に上がるだけでも階段をつかわずエレベータに乗るようになり、通勤ラッシュ時、駅のホームのエスカレーターの長い行列に何の迷いもなく並ぶようになる。歩こうと思えば歩ける距離なのに、ついついタクシーに乗ってしまう。こんな生活を続けているとさらに筋肉は減っていく。この負のスパイラルのくり返しをやめ、痩せるためには筋肉量を増やさないといけない、そのためには、そう! 筋トレしかない!!

 

しかし! 多くの今、太っている人が痩せようとした場合、筋トレなどの体を動かして消費カロリーを上げることより、食事制限して摂取カロリーを減らすことを考えてしまう。なぜなら太っている人は体を動かすのをイヤがるから。

 

じつは、これには大きな落とし穴が待ちかまえている・・・。

 

摂取カロリーを減らして消費カロリーを下回れば、エネルギー収支は赤字になり体脂肪が燃焼して痩せることができるのだが、摂取カロリーが減ってくると、体は飢餓状態だと勘違いする。定期的な食事ができない状態にあると思い、エネルギーの消費をおさえるようになる。そのため、なんと筋肉を分解してエネルギーに変えようとしはじめるのだ!

 

前述したように筋肉は体の中でエネルギーを消費する唯一の器官であるため、定期的な食事にありつくことができない飢餓状態では、そんな燃費の悪い器官は真っ先に分解されてしまう。その結果、筋肉量は減ってしまい基礎代謝量も落ちて、脂肪は燃焼されず太ってしまう。

 

痩せたいのならば筋肉量は減らさず増やさないといけない。筋肉量さえ増やせば消費カロリーが上がるので、たとえ摂取カロリーが減らなくてもエネルギー収支を赤字にすることはできる。

 

ここで具体的な数字を提示すると、筋肉が1キロ増えるごとに、1日だいたい50キロカロリー消費することがわかっている。という事は、あくまで計算の上だと1年で約2.5キロ痩せていくことができる。

 

むろん計算上の話なのだが、もっと筋トレをがんばって筋肉を2キロ、3キロと増やしていけば、さらに約5キロ、7.5キロと痩せていくとこができる。しかも筋肉が脂肪を燃焼してくれているので、極端な話、寝ていても痩せることができるのだ。

 

こんな効率のいいダイエットが、ほかにあるだろうか?

関連ページ

筋肉は使わないと減っていく! 筋肉を減らさず脂肪だけ落とすには?
筋肉は使わないと減るのが早い。筋肉が落ちると基礎代謝が下がり痩せにくく太りやすい体になる。それを防ぐためにも筋トレは必要。高齢者でも筋トレによって筋肉が増量することがわかっている。ロコモ予防のためにも筋トレは必須
筋トレに運動神経は必要ない! 毎日やらなくてもいいし、全部鍛える必要もない!!
筋トレは実は運動神経が悪くてもできる。超回復の関係で毎日する必要もなく、体全身の筋肉を鍛える必要もなく、ダイエットに必要な筋肉のみ鍛えればイイ。結構簡単にできる。
筋肉を合成している遅筋繊維と速筋繊維
筋肉は速筋繊維と遅筋繊維からなる筋繊維が束になってできている。速筋は瞬発力は高いが持久力がない。遅筋は持久力は高いが瞬発力は低い。筋肉を肥大させる男性ホルモン、テストステロンは鬱予防にも効果がある。
筋トレはうつ症状を改善し骨粗鬆症も防ぐ
筋トレをやることによってさまざまな効果が期待できる。筋トレで分泌されるテストステロンにはうつ症状を改善する効果があり、骨粗鬆症も防いでくれる。褐色脂肪細胞は体脂肪を燃焼してくれるので楽に痩せることができる。
ベストな負荷とセット数とは?
筋トレは負荷の設定次第で効果にちがいが出てくる。筋肥大のためには高い負荷が必要。またセット数も大きく関係してくる。さらに低負荷筋トレでも筋肉が太くなるやり方があった。
インターバルの目安と過負荷の原理
筋トレにおけるセット間のインターバルはどのくらいがイイのか?最適な時間を紹介する。さらに筋トレ初心者は何から始めればいいのか?どこから鍛えればいいのか?その疑問に答える。
鍛えて割りたいヘコませたい! 憧れの6パックを手に入れろ!!
筋トレで鍛えるべき上半身、下半身、体幹にはトレーニングする順番があり、さらに忙しくても筋トレを続けやすい方法がある。またお金のかからない手軽な筋トレグッズも紹介する。
チューブトレーニングは安くて軽くて安全で場所も取らないスグレモノ!
手軽にできる筋トレ、チューブトレーニングを紹介する。チューブトレーニングは軽くてかさばらずカバンに入れやすいので旅先や出張の時も持ち運ぶことができる。値段も安く、強度調節も可能
筋肉痛なんか気にしない!筋トレしながら脂肪燃焼もできる!?
筋肉痛がなぜ起こるのかまだ詳しいことはわかってはいない。なので筋肉痛が筋肉の成長や回復とはあまり関係がない。また、筋トレしながら体脂肪燃焼できるやり方を紹介。
続けにくい筋トレが続けられる秘訣を公開! さらに効果的な疲労回復法とは?
筋トレを毎日続けるのは難しい。仕事で忙しく疲れて帰ってきてからの筋トレはやる気が起きない時もある。それでも筋トレできる解消法を紹介。また疲労回復の効果的な方法も紹介。
筋肉は大きくするより維持する方が簡単! 衰えてもすぐまた元に戻る!!
筋肉は太く大きく鍛えるより維持していく方が簡単で週一ペースの筋トレで大丈夫だ。たとえ筋肉がおとろえたとしても筋肉にはマッスルメモリーがあり以前の筋肉量まですぐに復活できる。