チューブトレーニングは安くて軽くて安全で場所も取らないスグレモノ!

チューブトレーニングは安くて軽くて安全で場所も取らないスグレモノ!

前ページで筋トレグッズの代用品としてペットボトルを紹介したが、筋トレを続けていて筋肉がある程度大きく成長してくると、やはりペットボトルでは物足りなくなってくる。でもダンベルや鉄アレイを買うのは、まだ少し気が引ける・・・。

 

そんなアナタにおすすめしたいのが、チューブトレーニング!

 

これはゴムチューブを使った筋トレで、チューブの伸縮性を利用して筋肉に負荷をかける。なのでダンベルや鉄アレイのように、重力に逆らう方向に持ち上げて筋肉に負荷をかけるのではないので、筋トレメニューのバリエーションは、さらに増えることになる。

 

たとえば背中。自宅で筋トレする場合、鍛えにくい部位のトップに上げられるくらいで、事実、ほかは鍛えられても背中は手つかずの人は多い。背中を鍛えるメニューで代表的なものに懸垂があるが、ふつう、家の中でまともに懸垂ができる場所なんて、なかなかない。しかしチューブトレーニングではそれが可能になる。

 

それ以外にもチューブトレーニングにはメリットが多い。まずは値段が安い。ものにもよるが、だいたい一本1000円~2000円ぐらい。鉄アレイやダンベルが重さにもよるが1個(一組ではない)だいたい10000円前後する事を考えたら、かなり安くあげられる。

 

また素材がゴムなのでとても軽く、持ち運びしやすい。旅先や出張先で筋トレしようと思っても10キロ以上もある鉄アレイをカバンに入れて持ち運ぶなんて考えたくない。しかしゴムチューブなら軽いし、かさばらないのでカバンにも入れやすい。

おじさん

 

さらにチューブトレーニングは安全面でも優れている。ダンベルや鉄アレイはその重さ自体を負荷にしているが、チューブトレーニングだと筋トレの動きをはじめないと負荷がかからないので、安心してトレーニングできる。もし重いダンベルや鉄アレイをつま先の上に落としたりなんかしたらケガをするが、チューブではその心配は無用。なので高齢者の運動不足解消や、病院の入院患者のリハビリなどにも使われている。

 

チューブだと強度の調節も簡単にできるので、自分の体力や筋力に見合ったトレーニングができる。同じチューブでも持つ位置によって強度が変り、広く持つと強度が弱くなり、狭く持つと強度が強くなる。二つ折りにして持つと単純に強度が2倍になり、かなりの筋力アップを狙える。

 

チューブトレーニングは初心者のみならず中・上級者にもおすすめの筋トレといえる。

 

筋トレをするのに最適な時間は?

筋トレは1日のうち、どの時間にすれば効率よく鍛えることができるのか? 初心者が迷いやすいこの疑問。答えは簡単。自分にとって一番やりやすい時間にやってもらってかまわない。筋トレは続けないと意味がないので、毎日、決まった時間に筋トレした方が習慣化しやすい。

 

もしあなたが朝型の人なら、ぜひ通勤、登校前にトレーニングして行くことをおすすめする。朝に筋トレをすると筋肉が刺激されて成長ホルモンが分泌される。成長ホルモンは脂肪を分解してくれるので、その日1日の活動の中で、分解された脂肪を燃焼してくれダイエットに高い効果を発揮する。ただし、朝はまだ体温は低めで筋肉も温まってはいないので、正直あまり筋トレには向いていないので、その辺は気を付けて。

 

もしあなたが朝が苦手な夜型の人なら、仕事や学校が終わって家に帰ってから筋トレすることをおすすめする。筋トレが終わって夕食で肉や魚のタンパク質を摂取することにより、筋肉が成長し筋肥大につながる。ただし、寝る直前に激しい筋トレをしてしまうと体が興奮状態になり寝付きが悪くなるので、その辺は気を付けて。

 

でも実は筋トレには最も適した時間というモノがある。それは午後4時から6時までの2時間の間だ。人間の体には体内時計が存在し、その体内時計が午後4時から6時までの間、体温と筋肉の温度を上げてくれる。体を動かしやすい環境を整えてくれる。この時間に筋トレすると、いつもよりウエイトが軽く感じるかもしれない。

 

有酸素運動と一緒にやる場合、その順番に気を付けて!

筋トレを行いながら有酸素系の運動も一緒にやると、かなりのダイエット効果が期待できる。しかしその場合気を付けてほしいのが、必ず筋トレのあとに有酸素系を行う事。昔は有酸素系で体を温め、ウォーミングアップを済ませてから筋トレの順番だったが、脂肪燃焼効果を高めたいのならば、筋トレのあとに有酸素の順番が正しい。

 

筋トレをすると成長ホルモンが分泌されるのは前述したとおり。成長ホルモンは脂肪を分解してくれるので、そのタイミングで有酸素を行うと効率よく脂肪燃焼ができる。

関連ページ

寝ながら楽にダイエットする方法
筋肉は体の中でカロリーを消費できる唯一の器官で、そのためダイエットには筋肉量を増やすことが大事。そのためには筋トレがおすすめ。筋トレで筋肉量を増やすことができれば基礎代謝が上がり寝ていても脂肪が燃焼するお気楽ダイエットが可能である。
筋肉は使わないと減っていく! 筋肉を減らさず脂肪だけ落とすには?
筋肉は使わないと減るのが早い。筋肉が落ちると基礎代謝が下がり痩せにくく太りやすい体になる。それを防ぐためにも筋トレは必要。高齢者でも筋トレによって筋肉が増量することがわかっている。ロコモ予防のためにも筋トレは必須
筋トレに運動神経は必要ない! 毎日やらなくてもいいし、全部鍛える必要もない!!
筋トレは実は運動神経が悪くてもできる。超回復の関係で毎日する必要もなく、体全身の筋肉を鍛える必要もなく、ダイエットに必要な筋肉のみ鍛えればイイ。結構簡単にできる。
筋肉を合成している遅筋繊維と速筋繊維
筋肉は速筋繊維と遅筋繊維からなる筋繊維が束になってできている。速筋は瞬発力は高いが持久力がない。遅筋は持久力は高いが瞬発力は低い。筋肉を肥大させる男性ホルモン、テストステロンは鬱予防にも効果がある。
筋トレはうつ症状を改善し骨粗鬆症も防ぐ
筋トレをやることによってさまざまな効果が期待できる。筋トレで分泌されるテストステロンにはうつ症状を改善する効果があり、骨粗鬆症も防いでくれる。褐色脂肪細胞は体脂肪を燃焼してくれるので楽に痩せることができる。
ベストな負荷とセット数とは?
筋トレは負荷の設定次第で効果にちがいが出てくる。筋肥大のためには高い負荷が必要。またセット数も大きく関係してくる。さらに低負荷筋トレでも筋肉が太くなるやり方があった。
インターバルの目安と過負荷の原理
筋トレにおけるセット間のインターバルはどのくらいがイイのか?最適な時間を紹介する。さらに筋トレ初心者は何から始めればいいのか?どこから鍛えればいいのか?その疑問に答える。
鍛えて割りたいヘコませたい! 憧れの6パックを手に入れろ!!
筋トレで鍛えるべき上半身、下半身、体幹にはトレーニングする順番があり、さらに忙しくても筋トレを続けやすい方法がある。またお金のかからない手軽な筋トレグッズも紹介する。
筋肉痛なんか気にしない!筋トレしながら脂肪燃焼もできる!?
筋肉痛がなぜ起こるのかまだ詳しいことはわかってはいない。なので筋肉痛が筋肉の成長や回復とはあまり関係がない。また、筋トレしながら体脂肪燃焼できるやり方を紹介。
続けにくい筋トレが続けられる秘訣を公開! さらに効果的な疲労回復法とは?
筋トレを毎日続けるのは難しい。仕事で忙しく疲れて帰ってきてからの筋トレはやる気が起きない時もある。それでも筋トレできる解消法を紹介。また疲労回復の効果的な方法も紹介。
筋肉は大きくするより維持する方が簡単! 衰えてもすぐまた元に戻る!!
筋肉は太く大きく鍛えるより維持していく方が簡単で週一ペースの筋トレで大丈夫だ。たとえ筋肉がおとろえたとしても筋肉にはマッスルメモリーがあり以前の筋肉量まですぐに復活できる。