プロテインだけに頼らず発酵食品や鶏の胸肉でムリのないダイエット

プロテインだけに頼らず発酵食品や鶏の胸肉でムリのないダイエット

プロテインの種類は大きく分けて3つあるというのは、前項プロテインは筋トレのお供! でもただ摂ればイイってもんじゃない!!でも述べたとおり。その中でも最も利用者数の多いホエイプロテインの特徴としては、牛乳やヨーグルトの上澄み液の中にある乳清からとれ、吸収率がよく、現在ユーザー数が最も多いプロテインになる。さらにそのホエイプロテインの中でも、タンパク質の割合が多いものはアイソレートタイプといわれ、タンパク質の割合が少ないものをコンセントレートタイプという。

女性アスリート

 

ホエイアイソレートなどの吸収率が高くタンパク質比率の高いプロテインは、アスリートやボディビルダーなどが好んで利用している。べつにアスリートやボディビルダーほどに体を鍛えているわけではない、それよりもコレステロールや体重の方が気になるという人は、体脂肪が付きにくい植物性のソイプロテインをおすすめする。

 

昼食時のメニューで「タンパク質が足りてないな・・・。」と、思った時はガゼインプロテインでタンパク質を補給するのがおすすめ。ガゼインプロテインの特徴は吸収がユルやかなので、夕方以降に筋トレする予定のある人には、ちょうどいい吸収スピードになる。

 

ちまたで流行の「プロテインダイエット」には注意が必要!?

プロテインダイエット 聞いた事がある人も多いと思うが、安易に手を出すのはひかえた方がいい。ダイエット用のプロテインは、いわゆる「置き換えダイエット」に相当するもので、たしかに一時的には痩せることができるが、プロテインを飲むのをやめた途端にリバウンドする可能性が高い。

 

1日3食のうちの1食をプロテインでまかないカロリーをおさえるダイエットは、1日トータルのカロリー摂取量がたしかに少なくなるので、当然痩せることはできる。だが体重が目標体重に達してダイエット成功とばかりに食事をもとにもどした途端リバウンドがはじまる。

 

プロテインとはタンパク質という意味なので、タンパク質自体に痩せる効果があるワケではない。カロリー制限に使うのが本来の目的ではなく、前述したように3度の食事をキチンと摂った上でタンパク質量が足りていない時にプロテインを飲むようにする。

 

しかしプロテインがダイエットに全く効果がないわけではない。体を動かすことをせず置き換えダイエットでプロテインだけを飲んでも、タンパク質は筋肉に変わることなく脂肪として体に蓄積されるだけ。体を動かし筋肉を使ってこそプロテインが必要になってくる。

筋トレ

 

筋トレなどで筋肉を使えば筋繊維が傷つき損傷して、体は筋繊維を修復しようとする。その時筋肉の材料であるタンパク質が必要になる。そのタイミングでプロテインを摂取することにより、筋肉がスムーズに修復され、さらに元の筋肉よりも太く大きくなる。これを「超回復」という。

 

超回復によって大きくなった筋肉は体の基礎代謝を上げ、余分な体脂肪を燃焼してくれる。その結果痩せてダイエット成功となる。

 

このようにプロテインは本来の目的で使ってこそダイエットにも威力を発揮してくれる。ダイエット中はどうしても食事制限などで摂取できるタンパク質量が少なくなってしまい、筋肉の修復に使えるタンパク質も限られてしまう。そのタンパク質を補うためのプロテインであって、けっして安易な置き換えダイエットのためのモノではない。

 

鶏の胸肉に含まれるイミダゾールペプチドでハードな筋トレを乗り切れ!

筋トレもダイエットもツラくて苦しい時期が必ず訪れる。そんな時は発酵食品をおすすめする。漬物、キムチ、味噌、塩麹などがある。ハードなトレーニングで体をイジメ抜いていると免疫力が下がってくる。大きな市民マラソン大会の後など、風邪など感染症にかかる人が多いのも、それが原因といわれている。

 

腸の中には外から入って来たウイルスに対抗する抗体が多く存在しているが、発酵食品に含まれる善玉菌には、この抗体を強くする働きがある。

 

次におすすめしたいのが鶏の胸肉。約1万1千キロを無着陸で休むことなく飛び続ける渡り鳥の羽の付け根や、最高時速100キロで泳ぎ、なおかつ長い距離を回遊するマグロやカツオの尾びれなどに多く含まれている疲労回復物質があることがわかった。ヒスチジンとアラニンの2つのアミノ酸が結合したタンパク質の一種で「イミダゾールペプチド」という。

 

今まではカフェインなどの疲労回復成分は、覚せい作用を利用して、その疲労感を一時的にゴマ化すものがほとんどなのに対し、イミダゾールペプチドは強い抗酸化作用により活性酸素を除去する作用がある。渡り鳥にはこのイミダゾールペプチドを体内で作りながら飛ぶことができるので疲れることがないといわれている。

 

イミダゾールペプチドは脳まで届くことができ、疲労した自律神経にも疲労回復の効果がある。頭と体、どちらの疲労回復にも効くので、筋トレやダイエットがキツクなってきたときに摂取することをおすすめする。

関連ページ

タンパク質は筋肉の材料になる必要不可欠な栄養素
タンパク質は三大栄養素の1つで体を作る材料になる。タンパク質はアミノ酸からできていて非必須アミノ酸と必須アミノ酸に分かれている。
お腹痩せダイエットには摂取カロリーの把握がキモ!
歳をとってからも若い頃と同じ食事をしていれば当然太る。年齢にあった1日の摂取カロリーを考えるべき。摂取するべきタンパク質は納豆がおすすめ。
ただ摂ればイイってもんじゃない! タンパク質との上手な付き合い方
高タンパク低カロリーはダイエット食のド定番だが、タンパク質だけ摂っていればいいというモノでもない。肉ばなれを防ぐビタミンC、骨の強化のためのカルシウム、それらを摂るためにはどんな食品が必要なのか?
プロテインは筋トレのお供! でもただ摂ればイイってもんじゃない!!
プロテインは摂ればイイってものではなく、3度の食事の中でしっかりとタンパク質が取れているうえでプロテインを飲むのは問題ない。用途と目的に合わせ賢く利用していきたい。
コンビニで健康食!? 間食するならタンパク質の補充を忘れずに!
コンビニ食でも健康的な食事は摂れる。コンビニ食は不健康というのは大昔の話。筋トレする予定のある日は間食でエネルギーとタンパク質補充を忘れずに。
ダイエットのためには時間がなくても食事はおろそかにしない
レトルト食品は調味料使いにとても便利!忙しい現代人はストックしてある食材を上手に使い栄養価を高める考え方にシフトしていくべき。ダイエット中の外食の選び方について紹介。