脂肪燃焼サポートドリンクでダイエットの相乗効果を狙え!!

脂肪燃焼サポートドリンクでダイエットの相乗効果を狙え!!

痩せたくてダイエットしている人は、できるだけ脂肪燃焼を効率的に行いたいと考えているはず。そんな時に試してみたいのが脂肪燃焼サポートドリンク

 

有酸素とあわせて利用したい!? 脂肪燃焼サポートドリンクの選び方!

今ではいろんなタイプのものが手に入るようになったが、どれでも選んでただ飲みさえすれば脂肪は分解され燃焼してくれるなんて考えは捨ててしまおう。その脂肪燃焼サポートドリンクがどのような仕組みで脂肪燃焼をサポートしてくれるのか? そこを理解することができれば、より脂肪燃焼システムを稼働することができる。

ミトコンドリア

 

TCA回路をご存じか? 分解された脂肪酸はミトコンドリアで燃焼する!の記事でも紹介した3つあるミトコンドリアによる脂肪酸の燃焼のプロセスのうちの1つ。細胞内のミトコンドリアが脂肪酸を分解して燃焼してエネルギーに利用するシステムのことをいう。

 

もともと人の体には代謝したモノをTCA回路にスムーズに送るシステムや、それらの機能が動きやすいように体温を調節したりできるようになっている。これらのシステムや機能をサポートしてカロリー消費や脂肪の分解、燃焼を促進させるのが脂肪燃焼サポートドリンクの役目だ。

 

しかし、前述したように脂肪燃焼サポートドリンクはただ飲めばいいってものではない。効率よく脂肪を分解、燃焼させるためには有酸素を行うことも大事だ。飲むだけで痩せるドリンクなんてものは存在しない。また脂肪燃焼サポートドリンクを飲む前にビタミンB群を摂取しておくことをおすすめする。ビタミンB群は不足しがちな微量栄養素で、脂肪の分解と燃焼を促進してくれる効果がある。

 

つまりはしっかりと栄養を摂り、キッチリ有酸素を行えば、脂肪の分解と燃焼をスムーズに進めることができる。

 

茶葉に含まれるカテキンが脂肪燃焼効果を高めてくれる

お茶

フラボノイドの一種カテキン。日本茶にたくさん含まれており、ワインと同じように高い抗酸化作用がある。体の中の酸化を防止して若さを保つ効果がある。さらに脂肪燃焼効果も確認されていて、余分な脂肪を分解燃焼しダイエットをサポートしてくれる。

 

肝臓の中にある脂肪分解酵素にカテキンが直接作用することにより、脂肪肝を防いでくれる。食事の前にお茶を飲むことでさらに効果が上がる。

 

カフェインは脂肪燃焼効果も高かった!? 眠気も吹っ飛ぶコーヒーの力!!

カフェインといえばコーヒーの成分として有名だが、紅茶、緑茶、ココアにもカフェインは含まれている。よく知られている作用としては眠気防止としての覚せい作用、老廃物を体外に排出してくれる利尿作用、リパーゼという酵素を活性化させ脂肪の分解を促してくれる作用などがある。

 

眠気を防止する覚せい作用にも身体能力を向上させてくれる役割があり、身体能力が上がれば脂肪燃焼効果も上がりやすくなる。

 

コーヒー豆に含まれているコーヒークロロゲン酸というポリフェノールには、ミトコンドリアが脂質を取り込みやすくする作用があり、脂質の燃焼量を上げる役割がある。

 

また最近コーヒー豆からマンノオリゴ糖というコーヒーのオリゴ糖が抽出されることがわかってきた。このマンノオリゴ糖には大腸の中の腸内細菌の栄養となって腸の働きを助け、腸内環境を改善し体温を上げて活性化させることにより、カロリーの消費を上げる効果がある。

 

マンノオリゴ糖は体の中で消化されにくく、ある消化性試験では小腸まで約96%が残る結果がでた。つまりマンノオリゴ糖は口から入って胃と小腸でも消化されず大腸までとどくことを示している。腸内最近の中でも善玉菌であるビフィズス菌などのエサになることができ、腸内環境をととのえることができる。

 

さらにマンノオリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌のエサにはなるが、大腸菌やウェルシュ菌のような悪玉菌のエサにはならないといった優れた性質を持っている。そのためマンノオリゴ糖は善玉菌のみ増やすことができる。

 

さらにマンノオリゴ糖には脂肪吸収の抑制効果もあることがわかってきた。脂肪の吸収を抑制することにより脂肪量が不足する。その不足した脂肪をまかなうために体にたまった脂肪の燃焼が促進される。そのため体の脂肪は減少することになる。

 

腸の中の善玉菌が出すプロビオン酸という微生物がある。このプロビオン酸にはビフィズス菌を助ける作用がありビフィズス菌の数を、およそ5倍に増やしてくれる。ビフィズス菌や乳酸菌自体は腸にとどくまでに消化されてしまうものが多く、腸の中にはわずかな数しか残っていない。プロビオン酸は生存力が強く腸まで生きたままとどき、その数少ないビフィズス菌を活性化させ、その数をおよそ5倍に増やす効果を持っている。プロビオン酸は摂れば摂るほどその効果を発揮してくれる。

関連ページ

脂肪の分解と燃焼の仕組み 体の中で起きている事
中性脂肪は安静時でも分解され血液中に流れているが、燃焼しないとまた中性脂肪に再合成される。それを防ぐには空腹と体を動かすこと。
分解された脂肪酸はミトコンドリアで燃焼する!
脂肪酸の燃焼には3ステップあり、β酸化、TCA回路、電子伝達系の3つがある。脂肪酸はミトコンドリアの中で燃焼されエネルギーを生み出す。
有酸素で代謝を上げてミトコンドリアを増やして余裕で痩せるダイエット!?
有酸素によるメリットは多く、ダイエット効果以外にも心肺機能の向上やストレスの発散、うつの予防、血管の柔軟性の改善など健康効果も高い。20分以上やらないと効果がないなんて事もなく、たとえ5分でも10分でも脂肪燃焼することがわかっている。
正しい有酸素で脂肪の分解と燃焼を促進させる!
有酸素は20分続けないと体脂肪は燃焼しないといわれるがホントだろうか? 有酸素の強度を上げれば脂肪燃焼効果は上がるのか? それらの疑問に答える!
有酸素に最適な時間帯と頻度
有酸素をするのに最適な時間は存在する。しかしあまりこだわり過ぎるのも良くない。また有酸素の頻度についても週2回が良いのか?週3回がイイのかについても考える。
効率的に脂肪を分解して燃焼する有酸素はジョギングとエアロバイク
ジョギングとエアロバイクは脂肪を分解して燃焼するダイエット効果の高い有酸素だ。特にエアロバイクは心拍数管理がしやすくひざや足首の関節の負担も少なく続けやすい。
有酸素は継続しないと脂肪の分解も燃焼もしない
どんな効率のいい有酸素でも継続しなければ脂肪は分解も燃焼もしない。ジョギングとエアロバイクの脂肪燃焼効果は高いが継続しないと意味がない。
サポートドリンクは素材で選べ!
脂肪燃焼サポートドリンクの気になる成分について、トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化作用があるが、体の血液とリンパも改善してくれる。
ビタミンB群不足は致命的!
脂肪の分解と燃焼にはビタミンB群の存在が不可欠。ビタミンB1は糖質の代謝に優れビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンだ。
タンパク質の分解と代謝に必要なビタミンB群
タンパク質はアミノ酸に分解されてから吸収される。なのでコラーゲン入りのドリンクやサプリメントをとってもアミノ酸に分解されるだけなので、美肌になる訳ではない。
代謝の上げ方高め方! 正しい知識で脂肪燃焼!!
代謝を上げるためにはいろいろな方法があるが、有酸素もその1つだが、あまり強度が強過ぎると逆に代謝を下げてしまうので気を付ける必要がある。ほかにも代謝を上げる方法を紹介する。
代謝の常識非常識!! 正しく理解して脂肪燃焼!
代謝を上げるために半身浴や体温が高いか低いか、ビタミン、ミネラルがどのように効果があるのかを解説。ヒートショックプロテインや冷え症などについても説明している。
ウワサのウソかホントかを検証する!
タンパク質を摂取すると食事誘発性熱産生(DIT)がおこり代謝の向上につながる。またストレッチは関節の柔軟性を高め筋肉の緊張をほぐして血行が良くなりコリや痛みが和らぐ。
筋トレで脂肪を分解して燃焼できる!? その仕組みを解説!!
人間は長い時代飢餓と戦ってきた末に体の中にエネルギーを脂肪として効率よく蓄えるすべを身につけたが、今の飽食の時代、それがかえって脂肪を溜め込み生活習慣病の原因にもなっている。
強度の高い動作でも脂肪が燃焼する仕組み
アデノシン3リン酸がなくなると人は死んでしまう。そうならないためにAMPKがアデノシン3リン酸の減りぐあいを見ている。高強度トレーニングでも成長ホルモン、アドレナリンのおかげで脂肪を燃焼することができる。
脂肪の燃焼と分解はトレーニング後も続いている!?
トレーニングをした後でもしばらく代謝の高い状態が続いているのはEPOC効果のおかげ。このEPOC効果を高めるには強度の高い筋トレが必要だが、スロトレを行うことにより同じ効果が得られる。