効率的に脂肪を分解して燃焼する有酸素はジョギングとエアロバイク

効率的に脂肪を分解して燃焼する有酸素はジョギングとエアロバイク

できるだけ早く楽に痩せたいと思ってダイエットはじめた人は、どの有酸素が一番効果が高いのか知りたいはず。当サイト「痩せたいダイエット本舗」では、まずはジョギングとエアロバイクをおすすめする。

 

ジョギングは手軽さと高い脂肪燃焼効果がウリ!

ジョギング

ジョギングは数ある有酸素の中でも脂肪燃焼効果は高い方。それになんと言っても手軽に始められるのがなによりも魅力。水泳やダンスエクササイズではプールやスタジオに行かねばならず会費もかかる。それに比べジョギングならば、とりあえずシューズさえあれば明日からでも始められる。

 

ジョギングは糖質と脂肪をエネルギー源として呼吸で取り入れた酸素を消費しながら脂肪を燃焼させる。ダイエット効果が高くメタボ解消にもピッタリで、さらに有酸素をすることで血行が良くなる。女性の方は冷え性の人が多いというが、冷え症は血行不良が原因とされているので、ジョギングで血行が良くなれば冷え症改善にもつながる。

 

血行不良が改善されると新陳代謝も良くなる。栄養の吸収や老廃物の排出もうまくいくようになり、お肌もツルツルでツヤツヤになる。

 

「ランナーズハイ」という言葉を聞いたことがあると思うが、あれは走り続けると脳から脳内麻薬とも呼ばれるホルモン、エンドルフィンが分泌され気分が高揚し、瞑想している時のようなリラックス状態を得られる効果のことをいう。ストレスの解消にもちょうどイイ。

 

またジョギングのいいところは教えてもらわなくてもできるところにある。マラソン競技でベストタイムを狙うのならばランニングコーチの指導を仰がなければけないが、脂肪の分解と燃焼が目的なら自己流で走っても全然OKだ。

 

水泳やダンスエクササイズの場合は、長く続けていてうまくなってくると体が慣れてきて、できるだけ体力を使わないよう消費カロリーをおさえながら動くようになる。当然、脂肪分解・燃焼効果も下がる。しかしジョギングの場合はそのような効果は少なく、高い脂肪分解・燃焼効果を維持できている。

 

エアロバイクは高い脂肪燃焼効果と続けやすさがウリ!

エアロバイクダイエットのメリットは何といってもその続けやすさにある。ひと昔前はエアロバイクダイエットのためにスポーツジムやフィットネスジムに通う必要があったが、今では価格も抑えられた高性能のエアロバイクも出てきているので、1台購入して家でエアロバイクダイエットができる。

エアロバイクダイエット

 

エアロバイク1台購入しなければならないという初期投資の最初のハードルこそ若干高いが、一度購入さえしてしまえばエアロバイクダイエットのメリットを思いっきり享受することができる。

 

エアロバイクダイエットは室内でできるので天候によって左右されない。ジョギングの場合は雨や風、雪の日などは外にでるのさえいやになるが、エアロバイクが自宅に1台あればその心配は無い。真夏の炎天下に外でジョギングしていると熱中症になりそうだし、最高気温が二桁にも届かない真冬の日、外でジョギングしてても体はなかなか温まらず、脂肪の分解燃焼どころではない。エアロバイクダイエットなら空調の効いた室内で行えるのでこのような心配は無い。

 

エアロバイクが家に1台あることによってスポーツジムやフィットネスクラブにかよう必要がなくなり、その分お金と時間が節約できる。実際にジムにかようとなった時に自宅や職場のすぐ近くにあるのなら話は別だが、そうそう都合のいいところにジムがあるワケもなく、遠い所にあるジムだと通うだけでも大変だし、時間帯によってはかなり混雑していて、使いたいエアロバイクがあっても順番待ちで並ばないといけない所もある。お金と時間のムダである。

 

そしてエアロバイクダイエットの大きなメリットといえるのが心拍数管理がやりやすいこと。

 

ダイエットで体を動かすとき、ジョギングでもエアロバイクでも水泳でもダンスエクササイズでも、1番脂肪燃焼効果が高い心拍数というのがあり、その心拍数は人によって違うので、自分にとって一番脂肪が燃焼しやすい心拍数を把握していないといけない。その心拍数管理が一番やりやすいのがエアロバイクなのだ。

 

自分の心拍数管理ができていないと、せっかくダイエットをがんばっても効果が出にくくなってしまう。エアロバイクを毎日必死で漕いでいるのに全然痩せないという残念な事態におちいってしまう可能性もでてくる。

 

たいがいのエアロバイクは心拍数を計れるモニターが付いているので、見やすい位置にモニターを付け、すぐに見れるようにすると心拍数管理もしやすい。

 

またエアロバイクダイエットのメリットの一つとして、ひざや足首の関節の負担が少ない事が挙げられる。ジョギングの場合は着地の時のひざや足首にかかる衝撃は体重の約3倍といわれていて、ひざや足首の関節を痛める原因になるといわれている。エアロバイクダイエットは着地の衝撃はないので、ひざ、足首の関節を痛める心配はない。

 

ちなみに当サイトがおすすめするエアロバイクサイクルツイスタースリムはコチラから。

関連ページ

脂肪の分解と燃焼の仕組み 体の中で起きている事
中性脂肪は安静時でも分解され血液中に流れているが、燃焼しないとまた中性脂肪に再合成される。それを防ぐには空腹と体を動かすこと。
分解された脂肪酸はミトコンドリアで燃焼する!
脂肪酸の燃焼には3ステップあり、β酸化、TCA回路、電子伝達系の3つがある。脂肪酸はミトコンドリアの中で燃焼されエネルギーを生み出す。
有酸素で代謝を上げてミトコンドリアを増やして余裕で痩せるダイエット!?
有酸素によるメリットは多く、ダイエット効果以外にも心肺機能の向上やストレスの発散、うつの予防、血管の柔軟性の改善など健康効果も高い。20分以上やらないと効果がないなんて事もなく、たとえ5分でも10分でも脂肪燃焼することがわかっている。
正しい有酸素で脂肪の分解と燃焼を促進させる!
有酸素は20分続けないと体脂肪は燃焼しないといわれるがホントだろうか? 有酸素の強度を上げれば脂肪燃焼効果は上がるのか? それらの疑問に答える!
有酸素に最適な時間帯と頻度
有酸素をするのに最適な時間は存在する。しかしあまりこだわり過ぎるのも良くない。また有酸素の頻度についても週2回が良いのか?週3回がイイのかについても考える。
有酸素は継続しないと脂肪の分解も燃焼もしない
どんな効率のいい有酸素でも継続しなければ脂肪は分解も燃焼もしない。ジョギングとエアロバイクの脂肪燃焼効果は高いが継続しないと意味がない。
サポートドリンクでダイエットの相乗効果を狙え!!
脂肪燃焼サポートドリンクでダイエットを効果的に行う。お茶に含まれるカテキンの効果やコーヒーに含まれるカフェインの効果、さらにコーヒー豆から摂れるマンノオリゴ糖の強力な作用を紹介する。
サポートドリンクは素材で選べ!
脂肪燃焼サポートドリンクの気になる成分について、トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化作用があるが、体の血液とリンパも改善してくれる。
ビタミンB群不足は致命的!
脂肪の分解と燃焼にはビタミンB群の存在が不可欠。ビタミンB1は糖質の代謝に優れビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンだ。
タンパク質の分解と代謝に必要なビタミンB群
タンパク質はアミノ酸に分解されてから吸収される。なのでコラーゲン入りのドリンクやサプリメントをとってもアミノ酸に分解されるだけなので、美肌になる訳ではない。
代謝の上げ方高め方! 正しい知識で脂肪燃焼!!
代謝を上げるためにはいろいろな方法があるが、有酸素もその1つだが、あまり強度が強過ぎると逆に代謝を下げてしまうので気を付ける必要がある。ほかにも代謝を上げる方法を紹介する。
代謝の常識非常識!! 正しく理解して脂肪燃焼!
代謝を上げるために半身浴や体温が高いか低いか、ビタミン、ミネラルがどのように効果があるのかを解説。ヒートショックプロテインや冷え症などについても説明している。
ウワサのウソかホントかを検証する!
タンパク質を摂取すると食事誘発性熱産生(DIT)がおこり代謝の向上につながる。またストレッチは関節の柔軟性を高め筋肉の緊張をほぐして血行が良くなりコリや痛みが和らぐ。
筋トレで脂肪を分解して燃焼できる!? その仕組みを解説!!
人間は長い時代飢餓と戦ってきた末に体の中にエネルギーを脂肪として効率よく蓄えるすべを身につけたが、今の飽食の時代、それがかえって脂肪を溜め込み生活習慣病の原因にもなっている。
強度の高い動作でも脂肪が燃焼する仕組み
アデノシン3リン酸がなくなると人は死んでしまう。そうならないためにAMPKがアデノシン3リン酸の減りぐあいを見ている。高強度トレーニングでも成長ホルモン、アドレナリンのおかげで脂肪を燃焼することができる。
脂肪の燃焼と分解はトレーニング後も続いている!?
トレーニングをした後でもしばらく代謝の高い状態が続いているのはEPOC効果のおかげ。このEPOC効果を高めるには強度の高い筋トレが必要だが、スロトレを行うことにより同じ効果が得られる。