代謝の常識非常識!! 正しく理解して脂肪燃焼!

代謝の常識非常識!! 正しく理解して脂肪燃焼!

半身浴をすると代謝が上がる気がするが、実際どう?

半身浴

38度前後の体温よりも少し高い温度の湯船に胸のあたりまでつかる半身浴は、肩までつかる全身浴よりも長くゆっくり入浴することができ体を芯まで温めることができる。それにより代謝も上がるといわれているが、はたしてどうだろうか?

 

半身浴は肩までつかる全身浴にくらべて心臓を圧迫しないので、高齢者や体力のない人にとっても安心で安全な入浴法だが、リラックスはできるが代謝が上がるのとはあまり関係がないといわれている。心臓に不安のない健康な一般の人なら、42度くらいの熱い湯船に10分以上肩までつかる全身浴をおすすめする。

 

高い温度のお湯につかり体を温めることでヒートショックプロテイン(HSP)が増える。ヒートショックプロテインとは熱ショックタンパク質のことで、体の材料であるタンパク質の品質管理をつとめていて、ストレスや病気などで傷ついたタンパク質を修復して元の正常な細胞に戻してくれたり、筋肉の疲れをやわらげ分解を防いでくれたりしてくれるのがヒートショックプロテイン。

 

つまり体のなかにヒートショックプロテインがたくさんあれば自然治癒力が高まり健康な体になれるのだが、もともと体のなかに存在しているヒートショックプロテインだが年齢とともに少なくなってくるし、傷ついたタンパク質の修復にはたくさんのヒートショックプロテインが必要になる。そのため熱いお湯につかり温熱刺激でヒートショックプロテインを増やす必要がある。

 

ヒートショックプロテインが増えることでコラーゲンが減るのを防ぐことができる。汗で老廃物も排出されるので美肌効果も高く、代謝も上げてくれるので脂肪燃焼効果も高い。体を温めるとエンドルフィンというホルモンが出て疲労と痛みを和らげる。また、リンパ球も増えてリンパの免疫増強効果によって免疫力が強くなりウイルスに感染しにくくなる。

 

ヒートショックプロテインを増やすために長い時間熱いお風呂に入っていると、当然大量の汗がでる。入浴の前と後には必ず水分を補給し、入浴後は体温を保温すること。

 

体温が上がると代謝も上がる? 体温が高いと代謝も高いのか?

体温が高いということは、褐色脂肪細胞や筋肉による熱生産がさかんに行われているということなので、代謝も高いハズ。実際、体温が1度違うだけで代謝量は13~15%も変わるといわれている。同じ身長と体重の人が同じものを食べても体温が1度低い人の方が13~15%ぐらい脂肪になってしまう。

 

体温が高いほうが代謝も上がり脂肪燃焼効果が高いとわかっても、体温を上げて代謝をコントロールするなんてことは容易にできることではない。しかし、少なからず効果があるのが筋肉を付けること。体のなかで熱(体温)をつくっているのが筋肉で、体のなかの熱の生産量としては筋肉が59%を占めている。(ちなみに2位は肝臓の22%。肝臓も結構な熱をつくりだしている。)実際、筋肉量の少ない人は体温がなかなか上がらず低体温の人が多い。

 

だから基本的に筋肉量の少ない女性の方が冷え症が多い。でも冷え性だからといって低体温だとはかぎらない。体温には体の深層の深部体温と、体の表層の外郭体温とあり、冷え性の場合は深部体温は低くなっていないのに手足の先などの末端が冷たくなっていること。

 

女性は筋肉量が少ないので、どうしても手足の先などの末端から血液を心臓まで戻す力が弱くなってしまい血液循環が悪くなってしまう。筋肉量を増やして代謝を上げるためには、まず何をおいても筋トレ。関連記事筋トレでダイエットが加速する!! 筋トレした方がダイエットに効果的なこれだけの理由!?をぜひ、参照していただきたい。

 

ビタミン、ミネラルで代謝効率アップ!?

体のなかでエネルギーを生産し効率よく使うためには、ビタミンとミネラルは必要不可欠。食べ物から摂取した脂質、炭水化物、タンパク質は代謝されエネルギーとして使われるのだが、使われずに余ったエネルギーは体脂肪として体のなかに蓄積される。体脂肪の蓄積を避けるためにも脂質、炭水化物、タンパク質の代謝効率を上げなければいけない。

 

ビタミンとミネラルはここで大事な働きをする。ビタミンB6はタンパク質の代謝に、ビタミンB2は脂質の代謝、ビタミンB1は炭水化物の代謝のために働いてくれる。鉄分はミトコンドリアの中で脂質、炭水化物、タンパク質を燃焼させるために必要な酸素をはこぶ赤血球の材料となる。

 

スムージー

ほかにもたくさんのビタミン、ミネラルが代謝の効率を上げるために働いている。しかし、残念ながら現代人はビタミンもミネラルも不足しがち。そこではやりだしたのが、野菜や果物をミキサーやジューサーでしぼるスムージーだ。

 

しかしこのスムージー、気を付けないといけないのが、確かにビタミンもミネラルも摂れるのだが、どうしても甘味が欲しくなって果物を多めに入れ過ぎてしまう傾向がある。果物を多めにしてしまうと糖質(果糖)が多くなり体脂肪の蓄積の原因になってしまう。

 

スムージーはあくまでも野菜中心でビタミンもミネラルも補ってほしい。

関連ページ

脂肪の分解と燃焼の仕組み 体の中で起きている事
中性脂肪は安静時でも分解され血液中に流れているが、燃焼しないとまた中性脂肪に再合成される。それを防ぐには空腹と体を動かすこと。
分解された脂肪酸はミトコンドリアで燃焼する!
脂肪酸の燃焼には3ステップあり、β酸化、TCA回路、電子伝達系の3つがある。脂肪酸はミトコンドリアの中で燃焼されエネルギーを生み出す。
有酸素で代謝を上げてミトコンドリアを増やして余裕で痩せるダイエット!?
有酸素によるメリットは多く、ダイエット効果以外にも心肺機能の向上やストレスの発散、うつの予防、血管の柔軟性の改善など健康効果も高い。20分以上やらないと効果がないなんて事もなく、たとえ5分でも10分でも脂肪燃焼することがわかっている。
正しい有酸素で脂肪の分解と燃焼を促進させる!
有酸素は20分続けないと体脂肪は燃焼しないといわれるがホントだろうか? 有酸素の強度を上げれば脂肪燃焼効果は上がるのか? それらの疑問に答える!
有酸素に最適な時間帯と頻度
有酸素をするのに最適な時間は存在する。しかしあまりこだわり過ぎるのも良くない。また有酸素の頻度についても週2回が良いのか?週3回がイイのかについても考える。
効率的に脂肪を分解して燃焼する有酸素はジョギングとエアロバイク
ジョギングとエアロバイクは脂肪を分解して燃焼するダイエット効果の高い有酸素だ。特にエアロバイクは心拍数管理がしやすくひざや足首の関節の負担も少なく続けやすい。
有酸素は継続しないと脂肪の分解も燃焼もしない
どんな効率のいい有酸素でも継続しなければ脂肪は分解も燃焼もしない。ジョギングとエアロバイクの脂肪燃焼効果は高いが継続しないと意味がない。
サポートドリンクでダイエットの相乗効果を狙え!!
脂肪燃焼サポートドリンクでダイエットを効果的に行う。お茶に含まれるカテキンの効果やコーヒーに含まれるカフェインの効果、さらにコーヒー豆から摂れるマンノオリゴ糖の強力な作用を紹介する。
サポートドリンクは素材で選べ!
脂肪燃焼サポートドリンクの気になる成分について、トマトに含まれるリコピンは強い抗酸化作用があるが、体の血液とリンパも改善してくれる。
ビタミンB群不足は致命的!
脂肪の分解と燃焼にはビタミンB群の存在が不可欠。ビタミンB1は糖質の代謝に優れビタミンB2は糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変えるのに必要なビタミンだ。
タンパク質の分解と代謝に必要なビタミンB群
タンパク質はアミノ酸に分解されてから吸収される。なのでコラーゲン入りのドリンクやサプリメントをとってもアミノ酸に分解されるだけなので、美肌になる訳ではない。
代謝の上げ方高め方! 正しい知識で脂肪燃焼!!
代謝を上げるためにはいろいろな方法があるが、有酸素もその1つだが、あまり強度が強過ぎると逆に代謝を下げてしまうので気を付ける必要がある。ほかにも代謝を上げる方法を紹介する。
ウワサのウソかホントかを検証する!
タンパク質を摂取すると食事誘発性熱産生(DIT)がおこり代謝の向上につながる。またストレッチは関節の柔軟性を高め筋肉の緊張をほぐして血行が良くなりコリや痛みが和らぐ。
筋トレで脂肪を分解して燃焼できる!? その仕組みを解説!!
人間は長い時代飢餓と戦ってきた末に体の中にエネルギーを脂肪として効率よく蓄えるすべを身につけたが、今の飽食の時代、それがかえって脂肪を溜め込み生活習慣病の原因にもなっている。
強度の高い動作でも脂肪が燃焼する仕組み
アデノシン3リン酸がなくなると人は死んでしまう。そうならないためにAMPKがアデノシン3リン酸の減りぐあいを見ている。高強度トレーニングでも成長ホルモン、アドレナリンのおかげで脂肪を燃焼することができる。
脂肪の燃焼と分解はトレーニング後も続いている!?
トレーニングをした後でもしばらく代謝の高い状態が続いているのはEPOC効果のおかげ。このEPOC効果を高めるには強度の高い筋トレが必要だが、スロトレを行うことにより同じ効果が得られる。