正月太りを一発解消!痩せたい人のための食事と運動

正月太りを一発解消!痩せたい人のための食事

正月休み、油断して飲み過ぎ食べ過ぎで正月太りになってしまったあなた。正月太り解消のためのダイエット方法の数々をご紹介しています。

 

 

 

正月太り解消は現実直視から!
正月太りは年末年始の休暇中に気がゆるみ、不摂生と暴飲暴食の繰り返しが原因の場合がほとんどです。

 

正月休みの間によく口にする日本酒やおせち料理は、少しヘルシーなイメージもありますが、糖質が高く、口にした途端に血糖値が上がります。内臓に脂肪がたまりやすくメタボリックシンドロームになる可能性が高いのです。

 

しかし、内臓脂肪は比較的簡単に落とす事ができ、正月太りの解消自体はそんなに難しくはありません。努力次第で正月太りは解消できるのです。

 

 

 

レコーディングで正月太りの現状把握
正月太りというザックリとした状態ではなく、今現在の現状を把握しないといけません。まずは現状把握のため各数値をレコーディングです。

 

各数値を記録したラグラフ化することをおすすめします。体重の変化の特徴を見える化することができます。そのためには当たり前ですが体重計にのる事から始めます。毎日体重を計りグラフ化して変化の傾向を見て、思うように体重が減っていなければ、その日1日何を食べてどんな行動をしていたか思い出し、検証した結果から食生活を改善し、次の日からの結果に反映させていきます。

 

正月太りの原因になった自堕落な生活を改善し、正月太り解消のためのPDCAをまわしていきましょう。

 

 

 

正月太り解消のための基礎知識
正月太り解消のためには、やはり食事の見直しと運動の習慣。何をいまさらと言いたくなるようなフレーズだが、正直痩せるためにはこれしかない。痩せるためには食事と運動はもうテッパン!

 

食事に関しては正月休みに暴飲暴食を繰り返し、満腹中枢がバカになってる人もいるかもしれない。そんな人は1日の摂取カロリーを知らず知らずの内にオーバーしている可能性がある。

正月太り

 

1日に必要な摂取カロリーは、
男性で1800~2000キロカロリー
女性なら1200~1500キロカロリー
なので、この摂取量をオーバーしないよう気を付けること。

 

 

 

痩せたいのなら味覚を変えろ!味覚を制する者がダイエットを制する!!
痩せたいと思いダイエットを思い立っても、キツく、苦しく、ツラいダイエットは長続きせず、成果が出ないうちにやめてしまう。何とか少ない努力で楽に痩せる方法は無いものか? そこでたどり着いたのが味覚を変えるダイエット方法。

 

世の中、おいしいものほどカロリーが高くて太りやすく、カロリーが低くてヘルシーで太りにくいものほど、あんまりおいしくない。この矛盾を制し、味覚を変えてダイエットを成功させるための記事です。

 

 

 

ダイエット中の食事をおいしく頂くためのひと工夫
いくらダイエット中でも、食事はおいしくいただきたいもの。たくさんの量を食べることができないダイエット中ならなおさらのこと。なので素材のおいしさを少しでも多く引き出す工夫の紹介です。

 

魚は新鮮な方が美味しいとは言われていますが、あれはウソ。実はアデノシン3リン酸イノシン酸などの成分の関係で、3日ほど寝かせてから食べるのが1番おいしい。また解凍する時は自然解凍でも流水解凍でもなく氷水解凍が正解。

 

詳しくは記事の方で。

 

 

 

味覚が感じるおいしさの秘密
お酒の飲んだ後のシメのラーメンはなぜあんなにおいしいのか? 女の人はなぜ甘い物が好きなのか? ビールにはなぜ枝豆が合うのか? 味覚には体が欲している栄養素を感じ取る機能があり、その栄養素を含む食べ物を食べたくなるようにできている。

 

シメのラーメンも、女性の甘い物好きもビールに枝豆も、それぞれ理由がある。詳細は記事の方で。

 

 

 

油と砂糖とアルコール、依存症には気を付けて!
マヨネーズにハマってしまうマヨラー、甘いお菓子やスイーツが止められない砂糖依存症、最高にウマい風呂上がりのビール。なぜハマってしまうのか? なぜ止められないのか? なぜ最高にウマいのか? その理由をくわしく解説。

 

他にも脂質の多いイメージの食材について脂質、カロリー、栄養素の関係を説明してます。フライトポテト、脂ののった魚、トンカツ、ナッツ類などなど・・・。

トンカツフライドポテト

 

 

 

痩せる食事でダイエット! 味覚を変えて痩せる方法とは?
ダイエットのための食事制限はとてもつらい、そのつらい食事制限を少しでも楽にして続けやすくしたのが、味覚を変えるダイエット方法。

 

皮肉な事にローカロリーでヘルシーな物はあまりおいしくない。でもこのローカロリーでヘルシーな物をおいしく食べることができれば、ダイエットが成功する確率は確実に上がる。

 

記事の中では脳が感じるおいしさをアッパー系とダウナー系に分けて解説。

 

 

 

ダイエットのために味覚を変えるには亜鉛と薄味! 未知の料理にも期待大!?
この記事の中では味覚を変えるダイエットの具体的なやり方を紹介。キーワードは亜鉛と薄味! 亜鉛の摂取に1番おすすめなのは、牡蠣。亜鉛の含有量は食材の中でも断トツです。

 

あと、味覚を変えるメニューとしては、会席料理がおすすめできます。料理に旨味が利いているので、血糖値が安定し満腹感も得られやすい。しかし毎日会席料理ばかり食べるわけにはいきませんよね。そのために代替メニューも気にの中で紹介しています。

正月太りを一発解消!痩せたい人のための食事と運動記事一覧

★年末は誘われるまま忘年会に参加した。★年明けは実家のコタツに入って食っちゃ寝していた。★お餅、お節、日本酒まみれだった。★仕事始め、会う人会う人に「太った?」と言われた。すべて当てはまるあなたは間違いなく正月太りです。年末年始の休暇中、少々ハメを外して不摂生な生活におちいり、昼夜逆転の毎日を繰り返してしまったあなた、自分の体の変化に気づいていますか?うすうす正月太りになってるのは分かっているのに...

ひとくちに正月太りと言っても、今どんな状態なのか現状をしっかり把握しておく必要があります。正月太り解消のための有効な手段を打つのはそれからです。そのためにまずはレコーディングです。現状把握のために必要な各数値をしっかり記録していきましょう。体重はもちろん、体脂肪率とお腹周りもしっかり計って記録します。この年末年始、油断しまっくてタルんだお腹まわり、1cm増えたという事は体重が約1kg増えたと考えて...

年末年始の乱れまくった食生活によるユルユルにタルみ切ったそのお腹、ここらでイッパツ緊張感を取り戻さないと、今年1年おデブのまんま過ごす事になる。ゼッタイにイヤですよね。正月太り以前の体型に戻し、さらに勢い余って痩せ過ぎなくらいシェイプアップされたワガママボディを手に入れる! このミッション完遂のためにやるべき事は分かりきっている、毎日の食事の見直しと運動の習慣の定着。拍子抜けするぐらいに当たり前過...

◆正月太りが正月過ぎても収まらず、ただのデブになって来た。◆甘い物が止められず、ついつい手が出てしまう。◆飲んだ後のシメのラーメンは止められない!◆食後のデザートは別腹だ。◆スナック菓子はパーティー開けして全部食べ切るまで止められない。◆大体、日本にはおいしい物が多過ぎる!あなたは、こんな悩みを抱えてはいませんか?痩せたいと常々思っていて、何度もダイエットを始めては挫折し、挫折してはまた始めるの繰...

痩せたくてダイエット中の人も、やはり食事は美味しい物が食べたいと思うのは当たり前。確かにダイエット中はある程度の食事制限は必要だし、決して量をたくさん食べれるわけではない。だから少ない量しか食べれないからこそ、その貴重な食事は美味しい物が食べたい。というわけで、素材の美味しさを100%引き出すための調理法をご紹介魚は新鮮な方がおいしいはウソ!! 1番おいししい食べ方は??一般的に魚は新鮮な方が美味...

お酒を飲んだ後のシメのラーメンは、なぜあんなにおいしく感じるのか? お酒には当然アルコールが含まれている。このアルコールは体にとっては毒なので分解する必要がある。アルコールを分解するためには多くのエネルギーを必要とするので、体が高カロリーな物を欲している。だからお酒を飲んだ後のラーメンはおいしく感じるのは体がカロリーを必要としている結果だということ。またアルコールは胃の内面に傷をつけてしまうので、...

何にでもマヨネーズをかける人っていますよね? 野菜はもちろん、ご飯、パン、ラーメン、唐揚げ、フライドポテト、挙句の果てはスイーツにまで。マイマヨネーズを持ち歩き、いつでもドコでも何にでもマヨネーズをかける、いわゆるマヨラーという人たち。ソースや醤油ではなく、なぜマヨネーズにだけこんなにハマってしまう人がいるのか? それはマヨネーズに含まれているある成分が関係している。その成分とは・・・? 油。マヨ...

●痩せたいのに、ついつい食べ過ぎてしまう。●チョコレート、スナック菓子など、一口食べたら止まらなくなる。●もともと意志が弱く、食べ物の誘惑に弱い。●ダイエット中、空腹を我慢するのがとにかくツライ。●何回食事制限しても、いつも三日坊主で終る。●だいたい日本にはおいしい物が多過ぎてダイエットには向かない!あなたはこんな悩みを抱えてはいませんか?ダイエットのためには食事制限をしないといけないのは分かって...

ダイエットを成功させるために、痩せるためにアッパー系をおいしく感じる脳からダウナー系をおいしく感じる脳に変えるには、味覚を変える必要がある。味覚を変えるためのカギを握るのは、やはり味を感じる器官である舌。舌には味を感じる味蕾(みらい)があり、味蕾は味細胞(みさいぼう)が集まって出来ている。味細胞は細胞の入れ替わりがとても激しく新陳代謝が速い。なので味覚を変えるためには舌の細胞を入れ替えるのが1番手...