油と砂糖とアルコール、依存症には気を付けて!

油と砂糖とアルコール、依存症には気を付けて!

何にでもマヨネーズをかける人っていますよね? 野菜はもちろん、ご飯、パン、ラーメン、唐揚げ、フライドポテト、挙句の果てはスイーツにまで。マイマヨネーズを持ち歩き、いつでもドコでも何にでもマヨネーズをかける、いわゆるマヨラーという人たち。

 

マヨネーズ

ソースや醤油ではなく、なぜマヨネーズにだけこんなにハマってしまう人がいるのか? それはマヨネーズに含まれているある成分が関係している。その成分とは・・・? 油。マヨネーズはおよそ3分の2が油で出来ている。油には野菜の苦味を消し柔らかく食べやすくしてくれる作用があるので、特に生の野菜にはよく合う。

 

しかし油には危険な側面もあり、ある実験でラットに油を一週間投与し続けたところ、今まで油を欲しがった事がなかったラットが毎日油を要求するようになったという結果がある。油には砂糖と同じように依存性があり、油を摂る事により脳にβ-エンドルフィンなどの快感物質が分泌される。そのためソースや醤油ではなく油を多く含むマヨネーズにハマる人が多い。

 

しかし、当然必要以上の油の摂取は生活習慣病の原因になるので、マヨネーズにハマり過ぎるのは気を付けた方がいい。

 

その他にも油を含む食べ物といえば、例えばフライドポテト。いかにも油にまみれていそうなイメージだがフライドポテトの脂質は約10%程しかない。油まみれなのは表面だけで、その表面が直接口に触れるから油っぽく感じてしまう。フライドポテトの中身はデンプン質でこのデンプン質が脂肪の原因になっている。

 

脂ののった魚も脂質が多そうなイメージだが、焼き鮭などは脂質16%しかない。特に焼き鮭に含まれる脂はDHAやEPAなどの頭を良くしたり、中性脂肪の吸収を抑えてくれるいい脂なので、ダイエット中でも摂った方がいい。

 

脂っこい食品の代表格のイメージがある揚げ物。でもトンカツの脂質は36%しかない。まあ、ダイエット中の人にとってはトンカツの場合は脂質よりもカロリーの方が気になるはずなので、あまり食べる人はいないでしょうけどね。

 

意外に脂質が高いのがナッツ類。なんとマガダミアナッツなどは脂質76%もある! でも、だからといって脂質とカロリーが高いのを理由にナッツを食べないのはもったいない! ナッツは土の中で芽を出して地上に出るまでの間の栄養分を蓄えている。いわば栄養分のカタマリ。なので、同じ脂質とは言えフライドポテトやトンカツとは質が違うので、食べたからといってすぐに太る訳ではない。

 

実はナッツ類のカロリーは吸収されにくく、ビタミン、ミネラルも豊富なので、高カロリー、高脂質を理由に避けたりせず、ぜひ食べる事をおすすめする。

トンカツフライドポテト

甘い罠の誘惑! 砂糖依存症の恐怖!!

甘い物が大好きで、やめようと思っているのにやめられない。ダイエット中なので手を出してはいけないとわかっているのに、ついつい手を出してしまう。スーパーやコンビニでスイーツが並ぶ棚の前を素通り出来ない、値下げのシールなんか貼ってあった日には手を出さずにはいられない。

 

こんな経験をお持ちの方、多いと思います。

 

では、なぜやめられないのか、実は砂糖には油と同じで依存症になりやすい性質がある。砂糖は体の中に入るとすぐにブドウ等に分解される。すると血糖値が急上昇しインスリンが大量に分泌される。大量に分泌されたインスリンは血糖値を一気に急低下させ、低血糖状態を引き起こし、それにより脳が空腹だと勘違いし甘い物を摂って血糖値を上げるように命令する。だから、たいして空腹でもないのに甘い物が欲しくなる。

 

さらに砂糖には脳にドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなどの脳内神経伝達物質を分泌させる作用があり、これらの物質はリラックスや癒しのような幸福感を感じる麻薬のような性質があり、そのためクセになり依存症に発展してしまう。

 

砂糖依存症になると糖尿病の危険性はもちろん、大量のビタミンB群、カルシウムが失われ、うつや骨粗しょう症、ひいては老化を進行させる糖化等の症状を引き起こすので、ダイエットの為ばかりでなく健康上の理由でも控えないといけない。

 

風呂上がりのビールはなぜあんなにおいしいのか?

風呂上がりのビールは最高! この一杯のために生きている! と、そこまで思っている人がいるかどうかは別として、風呂上がりのビールが格別においしい事について異論を唱える人は、まずいないだろう。なぜか・・・?

 

ビール

風呂やサウナに入った時、当然汗をかく。すると体の中の水分が不足するので、脳はのどにあるセンサーでのどの渇きを伝える。水分を補給するとこのセンサーが湿ってのどの渇きが癒される。しかし、ただ水分を補給すだけではなく、もっとこのセンサーを反応させるものが存在する。それが炭酸と苦味。この炭酸と苦味を含んだものを飲む事により、さらにのどの渇きが解消される。

 

そののどの渇きを解消する最高の飲み物がビール。ご存知の通りビールは、水分、炭酸、苦味の三拍子すべて揃っている。この水分、炭酸、苦味の度合いこそがビールののどごしと言われている。だから風呂上がりのビールはあんなにおいしい。

 

だがしかし! その風呂上がりのおいしいビールには落とし穴がある。ご存知の通りビールはアルコール。アルコールには利尿作用がありトイレの回数が増える。特にビールは他のお酒と比べても利尿作用が高く、摂取した水分よりも排出する水分の方が多くなる場合もあり、体が脱水状態になってしまう可能性がある。脱水状態が続くと血液はドロドロになって流れが悪くなり、血栓や動脈硬化の原因にもなる。

 

風呂上がりにビールを飲むのはかまわないが、そのあと必ず水やスポーツドリンクなどを飲んで水分を補給することを忘れずに!

 

<<前のページ  次のページ>>

関連ページ

正月太り解消は現実直視から!
正月太りを解消したい!年末年始、連日の忘年会&新年会、帰省中コタツでお雑煮お節、日本酒三昧で気付けば見事な正月太り。メタボリックシンドロームの診断を受ける前になんとかしたいこの正月太り。努力次第で比較的簡単に解消できます。
レコーディングで正月太りの現状把握
レコーディングは正月太り解消のための確実なダイエットです。日々の体重変動、お腹まわり、体脂肪率から、何を食べたかまで詳細にレコーディングしていき数値を検証し、記録したデータを基に悪い食生活を改善。レコーディングしたデータをグラフにすれば、より見える化が進み正月太り解消の役に立ちます。
正月太り解消のための基礎知識
正月太りを解消して突き出た腹を引っ込めるためには食事と運動は外せない。正月太りを解消し、さらにシェイプアップされた引き締まった体を手に入れるための基礎知識や、痩せたい人の栄養のバランスを考えた食生活の秘訣とは。
痩せたいのなら味覚を変えろ!味覚を制する者がダイエットを制する!!
痩せたいのにおいしい食べ物の誘惑に勝てず、ついつい食べてしまうあなた、いっその事味覚を変えて舌の先からダイエットしてみては?
ダイエット中の食事をおいしく頂くためのひと工夫
ダイエット中でも食事はおいしい物が食べたい。調理法の工夫や少しの手間でダイエット中の食事を楽しくする知恵と知識を公開
味覚が感じるおいしさの秘密
味覚はどうしてこの食べ物をおいしく感じるのか?この食べ物とあの食べ物はなぜ合うのか?体が今、必要な栄養素を味覚に訴えかけ、美味しいと感じさせる秘密とメカニズム
痩せる食事でダイエット! 味覚を変えて痩せる方法とは?
食事制限で痩せたい、ダイエットしたい人にとって美味しい食べ物の誘惑との戦いは苦戦が続いているはず。しかし味覚を変えれば楽して痩せる事が出来る上リバウンドの心配もない。
ダイエットのために味覚を変えるには亜鉛と薄味! 未知の料理にも期待大!?
ダイエット成功のために味覚を変えるには、まずは亜鉛の摂取、それには牡蠣がおすすめ。それと薄味。舌への刺激が強過ぎる食品は避けること。あと食べる順番にも気を付けて。