正月太り解消は現実直視から!

正月太り解消は現実直視から!

★年末は誘われるまま忘年会に参加した。
★年明けは実家のコタツに入って食っちゃ寝していた。
★お餅、お節、日本酒まみれだった。
★仕事始め、会う人会う人に「太った?」と言われた。

 

すべて当てはまるあなたは間違いなく正月太りです。

 

年末年始の休暇中、少々ハメを外して不摂生な生活におちいり、昼夜逆転の毎日を繰り返してしまったあなた、自分の体の変化に気づいていますか?

 

うすうす正月太りになってるのは分かっているのに見て見ぬフリ決め込んでませんか?

 

ベルトの穴の位置、アゴや頬のたるみ具合、内太もものこすれ加減、明らかに以前とは変わってきたのに、逃げを決め込んでませんか?

 

久し振りに会った周りの人の目はシビアで案外的を得ています。

 

体重計にのって、鏡を見て、今の己の姿から逃げ出さずに現実を直視しましょう。

 

逃げちゃダメ

 

正月太りの2大パターン

正月太りとひと口に言っても、二通りの種類があります。

 

正月太り

まずひとつ目はお雑煮の食べ過ぎ。炭水化物である餅をたくさん食べて糖質が水分を吸収してむくんでしまった正月太り。まあこの場合は、せいぜい餅を食べ過ぎてむくんでしまっただけなので、元の食生活に戻れば正月太りは解消します。

 

少々やっかいなのが2つ目のパターン。年末は誘われるままに忘年会に参加して暴飲暴食、正月休みは実家でゴロゴロしながら、お節にお雑煮、日本酒三昧。さらに誘われるままに新年会で暴飲暴食。気が付けば内臓の周りにはガッツリ脂肪が乗っている。

 

上着をめくって自分のお腹を確認してみましょう、どんなに現実から目をそらしても、
突き出た腹はウソをつかない。

 

年末年始の不摂生を雄弁に物語っています。

 

正月太りの2大要因 お節と日本酒

お雑煮がいくらおいしいからと言って、少しお餅を食べ過ぎたぐらいでは、少々体がむくむだけ。問題はお雑煮よりもお節にあります。

 

おせち

お節は見た目はカロリーが低くヘルシーなイメージですが、調味料に砂糖を大量に使用しているので、中身は糖質まみれ。その糖質にまみれたお節をいただきながら、さらに日本酒という米からできた醸造酒を飲んだ日には、血糖値の上がり具合はハンパ無く、体に脂肪がどんどん蓄えられてしまうのです。

 

低カロリーで体にも良さそうなお節と日本酒、そのイメージについ油断して好きなだけ飲んで食べて、気が付いた時にはすでにお腹はたるんでいる・・。

 

これが正月太りの恐ろしいメカニズムです。

 

「たまの正月ぐらい、ま、いっか」 なんて油断していると、メタボリックシンドロームまっしぐら。特に正月休みはダラけて睡眠リズムも狂いがち。スッキリ目が覚めた状態を日中も維持できているのは、オレキシンという神経ペプチドのおかげ。このオレキシン、日中の基礎代謝量を上げる役割があり、分泌量が減ると眠くなってしまうのです。こま切れの短時間睡眠を長期間にわたって取っていると、食欲増進ホルモンが分泌され肥満につながります。

 

気持ちいいからと言って、ついコタツでウトウトなんて繰り返していると、
正月太りが加速しますよ。

 

正月太りからのメタボリックシンドローム

年末の忘年会、正月のお雑煮、お節、日本酒、さらに新年会の暴飲暴食、これらのツケが実際に体重として数字に表れる前に、まずは体の中の脂質に変化が出てきます。

 

善玉コレステロール(HDL)の数値が下がり、中性脂肪の数値が上がります。中性脂肪の数値が上がると肝機能の低下を招く脂肪肝になりやすくなります。内臓脂肪が増えていく事により体重が増加し、高血圧、高血糖、高脂血症などが軒並み発症し、メタボリックシンドロームとなっていきます。

 

メタボリックシンドロームとは、いわゆる内臓脂肪型肥満の事で文字通り内臓の周りに脂肪が付着する事によって起こる肥満です。やっかいな事にメタボリックシンドロームは自分では気付きにくく、特に前述の高血圧、高血糖、高脂血症などは健康診断などを受けない限り自分で発見するのはほぼ不可能なため、合併症が起こってから気が付く事がよくあります。

 

しかし合併症が起こってからではメタボリックシンドロームの治療自体が困難なため、手遅れになるケースがほとんどです。メタボリックシンドロームを甘く見てはいけないのです。

 

でも幸いな事に、内臓脂肪によって起こるメタボリックシンドロームは、皮下脂肪に比べ比較的簡単に減らす事が出来ます。皮下脂肪の場合、主に保存用のエネルギー源や断熱材の用途として蓄えられているので減らしにくい性質を持っていますが、代謝活動の時に燃焼される内臓脂肪は皮下脂肪に比べ減らしやすい性質を持っています。なので・・・

 

正月太りは努力次第で比較的簡単に解消できます!

 

次のページ>>

関連ページ

レコーディングで正月太りの現状把握
レコーディングは正月太り解消のための確実なダイエットです。日々の体重変動、お腹まわり、体脂肪率から、何を食べたかまで詳細にレコーディングしていき数値を検証し、記録したデータを基に悪い食生活を改善。レコーディングしたデータをグラフにすれば、より見える化が進み正月太り解消の役に立ちます。
正月太り解消のための基礎知識
正月太りを解消して突き出た腹を引っ込めるためには食事と運動は外せない。正月太りを解消し、さらにシェイプアップされた引き締まった体を手に入れるための基礎知識や、痩せたい人の栄養のバランスを考えた食生活の秘訣とは。
痩せたいのなら味覚を変えろ!味覚を制する者がダイエットを制する!!
痩せたいのにおいしい食べ物の誘惑に勝てず、ついつい食べてしまうあなた、いっその事味覚を変えて舌の先からダイエットしてみては?
ダイエット中の食事をおいしく頂くためのひと工夫
ダイエット中でも食事はおいしい物が食べたい。調理法の工夫や少しの手間でダイエット中の食事を楽しくする知恵と知識を公開
味覚が感じるおいしさの秘密
味覚はどうしてこの食べ物をおいしく感じるのか?この食べ物とあの食べ物はなぜ合うのか?体が今、必要な栄養素を味覚に訴えかけ、美味しいと感じさせる秘密とメカニズム
油と砂糖とアルコール、依存症には気を付けて!
油と砂糖とアルコールには依存症の危険という共通項がある。アルコール中毒は有名だが、油と砂糖を摂取した時、脳の中にストレスを和らげるホルモンが分泌される。そのホルモンが癖になり依存症になる。
痩せる食事でダイエット! 味覚を変えて痩せる方法とは?
食事制限で痩せたい、ダイエットしたい人にとって美味しい食べ物の誘惑との戦いは苦戦が続いているはず。しかし味覚を変えれば楽して痩せる事が出来る上リバウンドの心配もない。
ダイエットのために味覚を変えるには亜鉛と薄味! 未知の料理にも期待大!?
ダイエット成功のために味覚を変えるには、まずは亜鉛の摂取、それには牡蠣がおすすめ。それと薄味。舌への刺激が強過ぎる食品は避けること。あと食べる順番にも気を付けて。