痩せる食事でダイエット! 味覚を変えて痩せる方法とは?

痩せる食事でダイエット! 味覚を変えて痩せる方法とは?

●痩せたいのに、ついつい食べ過ぎてしまう。
●チョコレート、スナック菓子など、一口食べたら止まらなくなる。
●もともと意志が弱く、食べ物の誘惑に弱い。
●ダイエット中、空腹を我慢するのがとにかくツライ。
●何回食事制限しても、いつも三日坊主で終る。
●だいたい日本にはおいしい物が多過ぎてダイエットには向かない!

 

あなたはこんな悩みを抱えてはいませんか?

 

ダイエットのためには食事制限をしないといけないのは分かっている。でも頭では分かっていても続かない、続いたためしがない。頭で分かっている事をすべて実行できれば苦労は無い。だからいつもダイエットには失敗してリバウンドの繰り返し。食べ物の誘惑を断ち切って食事制限を続け、空腹の我慢ともオサラバして何とか痩せる方法は無いものか? そんな都合よく痩せる方法なんて存在するのか・・・? 

 

そんな都合のいいダイエット方法、あるんです!!

 

空腹

ダイエットを失敗してしまう多くの原因の一つに、食習慣の改善の難しさが挙げられる。食習慣を変えるのはなかなか厳しく大きな努力が必要となる。実際、食事制限をして食べたい物も食べず空腹に耐え続けるのは、強靭な意志の持ち主でもかなりツラいはず。

 

ならば空腹に耐える必要もなく、強靭な意志も必要のないダイエット方法は無いものかと考えた時、食習慣を変えるのが難しいのなら、いっその事、味覚そのものを変えてしまえばいいのでは? という考えにいたる。食べる物が美味しいから止められなくなり誘惑に勝てずに食事制限が続かない。なのでダイエットがうまくいかない。

 

味覚を変える事で食事制限の苦しみを少しでも緩和する事ができれば、ダイエットの成功には近付けるはず。事実、味覚障害に陥った男性が、1カ月で体重約5キロ落とした実例がある。その男性は「メシがマズければ、ダイエットなんて簡単だ」と言っていたらしいが、それではあまりにも食事そのものが楽しくなくなる。それでは人生つまらなさ過ぎる。

 

さらに厄介な事に、おいしい物はカロリーが高く太りやすくて、ローカロリーでヘルシーな物は、あんまりおいしくないイメージがある。しかし、そのローカロリーでヘルシーな物をおいしく食べる事ができれば、またカロリーの高い太りやすい物が、あまり美味しいと感じなくなれば、あなたのいつも停滞気味なダイエットは爆発的に進化する!

 

毎日3度の食事をしっかり食べ、空腹にも耐える事なく小さな努力で痩せる事が出来る。まさに夢のようなダイエット方法が実在する。

 

あくまで味覚の話、アッパー系とダウナー系

では、どのように味覚を変えればダイエットの成功につながるのか? まず脳が感じる美味しさにはアッパー系とダウナー系の2種類ある。アッパー系は主に油と糖と塩の3つの要素が挙げられる。例えばチーズバーガー、フライドポテト、カレーライス、とんこつラーメン等はアッパー系という事になる。

アッパー系

 

要するに加工食品、インスタント食品やファストフードはほとんどアッパー系に分類される。つまり外食産業、加工食品業界はアッパー系の味が付いた料理や食品を大量に世に送り出し、辞められない止まらない、開けたら最後you cant stopな状態に落とし入れ、リピーターとして育て上げ商売を成り立たせている。

 

 

 

ダウナー系

一方ダウナー系は、鰹節や昆布、シイタケ、貝類などの旨味物質を生かした料理のこと。旨味物質として有名なのはグルタミン酸やイノシン酸、グア二ル酸などがある。鰹節や片口イワシ、サバナとはイノシン酸を多く含んでいて、昆布やトマトにはグルタミン酸が多く含まれている。シイタケにはグア二ル酸、貝類にはコハク酸という旨味物質が含まれており、これらの旨味成分はかけ合わせる事により相乗効果で旨味が爆発的に強くなる事がわかっている。

 

当然、高カロリーで太りやすいのはアッパー系の方。アッパー系のほとんどは油と糖分が多く含まれているので、カロリーが高く、脳を刺激して興奮状態になり、食べても食べても、もっと食べたくなり止まらなくなる。

 

反対にダウナー系は脳を刺激する事なく、興奮を抑えるので食事に満足でき、アッパー系の時みたいに食べ出したら止まらなくなるような事はない。

 

だから痩せるためにはダウナー系の食事をおいしく感じる様に味覚を変えるべきなのだが、普段からアッパー系の物ばかり食べていると味覚がアッパー系に慣れて、脳に刺激がないとおいしく感じなくなる。常に刺激を求め、辞められない止まらない食べ物に手を出し、開けたら最後you cant stopな状態におちいってしまう。

 

こうなってくるとダウナー系の旨味物質が入った食べ物をおいしく感じなくなる。つまり前述の、おいしい物はカロリーが高く太りやすくて、ローカロリーでヘルシーな物は、あんまりおいしくないイメージにつながる。美味しくないと思っている食べ物を無理して食べるダイエット方法は成功しない。

 

食事をおいしく食べて、さらにダイエットを成功させるためには、アッパー系をおいしく感じる味覚からダウナー系をおいしく感じるように変えないといけない。

 

<<前のページ  次のページ>>

関連ページ

正月太り解消は現実直視から!
正月太りを解消したい!年末年始、連日の忘年会&新年会、帰省中コタツでお雑煮お節、日本酒三昧で気付けば見事な正月太り。メタボリックシンドロームの診断を受ける前になんとかしたいこの正月太り。努力次第で比較的簡単に解消できます。
レコーディングで正月太りの現状把握
レコーディングは正月太り解消のための確実なダイエットです。日々の体重変動、お腹まわり、体脂肪率から、何を食べたかまで詳細にレコーディングしていき数値を検証し、記録したデータを基に悪い食生活を改善。レコーディングしたデータをグラフにすれば、より見える化が進み正月太り解消の役に立ちます。
正月太り解消のための基礎知識
正月太りを解消して突き出た腹を引っ込めるためには食事と運動は外せない。正月太りを解消し、さらにシェイプアップされた引き締まった体を手に入れるための基礎知識や、痩せたい人の栄養のバランスを考えた食生活の秘訣とは。
痩せたいのなら味覚を変えろ!味覚を制する者がダイエットを制する!!
痩せたいのにおいしい食べ物の誘惑に勝てず、ついつい食べてしまうあなた、いっその事味覚を変えて舌の先からダイエットしてみては?
ダイエット中の食事をおいしく頂くためのひと工夫
ダイエット中でも食事はおいしい物が食べたい。調理法の工夫や少しの手間でダイエット中の食事を楽しくする知恵と知識を公開
味覚が感じるおいしさの秘密
味覚はどうしてこの食べ物をおいしく感じるのか?この食べ物とあの食べ物はなぜ合うのか?体が今、必要な栄養素を味覚に訴えかけ、美味しいと感じさせる秘密とメカニズム
油と砂糖とアルコール、依存症には気を付けて!
油と砂糖とアルコールには依存症の危険という共通項がある。アルコール中毒は有名だが、油と砂糖を摂取した時、脳の中にストレスを和らげるホルモンが分泌される。そのホルモンが癖になり依存症になる。
ダイエットのために味覚を変えるには亜鉛と薄味! 未知の料理にも期待大!?
ダイエット成功のために味覚を変えるには、まずは亜鉛の摂取、それには牡蠣がおすすめ。それと薄味。舌への刺激が強過ぎる食品は避けること。あと食べる順番にも気を付けて。