ダイエットのための運動習慣おすすめ情報

ダイエットのための運動習慣おすすめ情報

ダイエットや運動習慣は身に付けようと思っても、なかなか身に付きにくいですよね。しかし、悪い生活習慣も一度身に付いてしまったら、なかなか治らないのと同じように、いい運動習慣やダイエットも一度身に付けてしまえば、あとは苦も無く続けられるようになります。最初のうちは少し、しんどいかもしれませんが体が慣れるまでの辛抱です。ダイエットを習慣にしてしまえば、理想の体型はもう目の前です!

 

 

 

最初の記事、20代の体を取り戻すには? では、1年で約15キロのダイエットに成功した、ある30代の男性の実体験です。

 

甘い物が好きな体重80キロオーバーのこの男性が、いかにして1年で約15キロのダイエットに成功したのか? その過程をくわしく紹介しています。

 

自分の体重と体型から目をそむけ、見て見ぬフリを続けていた30代の男性が、いかに現実を突き付けられ、自分自身の予想以上にタルんだ体型を自覚し、ダイエットを決意するまでにいたったか。

 

運動や食事制限など、どんなダイエットで1年間に15キロのダイエットに成功できたのか? ダイエットが成功したとわかった時の気持ちなどを詳細に解説しています。

 

また記事の後半では、痩せたい人におすすめのエアロバイク、サイクルツイスタースリムをご紹介。

 

普通のエアロバイクは主に下半身だけに効果があるのに対し、サイクルツイスタースリムは全身12カ所に作用しているので体脂肪燃焼3倍の効果があります。つまり通常のダイエットよりも3倍速く理想の体型を手に入れることができます。

 

サイクルツイスタースリムのさらに詳しい情報はサイクルツイスタースリム&テンションベルト3本セットまで。

 

 

 

サイクルツイスタースリムを毎日続けるためにでは、全身稼働のエアロバイク、サイクルツイスタースリムを毎日続けるための工夫を紹介しています。

サイクルツイスタースリム

 

サイクルツイスタースリムが家に1台あったとしても、置いてあるだけで乗ってなければ、当然脂肪燃焼効果は期待できません。しかし、ダイエットのための習慣は、とにかく続けにくいのが現実です。そこを何とか続けていくためにはどうすればいいのかを考えます。

 

サイクルツイスタースリムを優先順位の1番上に持ってきて、とにかく3週間続けてみる。それを続けていくためのコツと心構えのお話です。

 

 

 

ダイエットはブームではなくライフでは、リバウンドの仕組みや、そのメカニズムについて詳しく解説しています。

 

食事制限だけのダイエットは、体に入ってくる食べ物が少なくなる事により、体が今、飢餓状態にあると勘違いし、エネルギーを極力使わないようにして貯め込もうとします。なのでカロリー消費の悪い、脂肪が燃焼しにくい体になります。

 

その状態で目標体重まで痩せたとしても、ダイエット成功とばかりに食事の量を元に戻してしまえば、カロリー消費も、脂肪の燃焼も悪いままで、摂取カロリーだけ増えれば、当然ダイエットする前の体重よりも増えてしまいます。これがリバウンドです。

 

さらに、食事制限だけのダイエットだと、前述のように体が飢餓状態にそなえて、エネルギー消費の高い筋肉を分解し、カロリーを蓄えやすい脂肪を溜め込みます。体のラインを引き締める筋肉が減って、その少ない筋肉の上に脂肪が乗っかるのですから、体全体のシルエットはユルユルでダルダルの締まりのない体になってしまうのです。

 

 

 

運動習慣は糖尿病予防にもなります の記事では、糖尿病の恐ろしさ、血糖値を上げないための食生活について詳しく説明しています。

 

人工透析

実は糖尿病それ自体が怖いのではなく、合併症が怖いのです。合併症には、失明、人工透析、心筋梗塞、脳梗塞、神経障害などがあります。

 

さらに、血糖値が激しく上昇下降しだすと、糖が血管の壁を傷つけ、それが原因で起こる合併症もあります。

 

糖尿病の人はお酒もひかえた方が無難です。お酒を飲みながら食事をしてしまうと、アルコールの食欲増進作用のため、つまみを食べ過ぎてしまうのです。

 

 

 

エアロバイクで死に至る○○をも予防できる!! エアロバイクに大腸がんの抑制効果があることが判明しました。

 

筋肉を動かすことによって分泌される「スパーク」という物質に大腸がんの予防効果があることがわかってきました。スパークは筋肉を動かせば分泌されるのですが、それなりに強度の高い運動をした方が、たくさん分泌される事がわかっています。

 

そこで、おすすめなのがエアロバイクです。室内運動器具のエアロバイクは強度調節により、自分の体力に合った強度で漕ぐことができます。スパークをたくさん出したいという人は、強度を上げて漕ぐと効果が期待できます。

ダイエットのための運動習慣おすすめ情報記事一覧

ごく短期間で、二十歳前後の肉体に戻れる方法があるとしたら、やってみたいと思いますよね?ダイエット経験のない、ある30代男性の実体験甘いものが大好きで、寝る前にいつもプリンやショートケーキを平気で食べていた30代のある男性。20代後半から30代にかけて、正直、「ちょっと来てるな」とはうすうす感じてましたが、見てみぬフリをしてました。ベルトの絞まりは悪くなって来るし、靴を履く時にしゃがむと少し苦しい、...

エアロバイクは確かにジョギングやウォーキングに比べて続けやすいです。雨、風、暑さ寒さの影響を受けず室内で出来ますし、自宅に1台購入しておくと好きな時間に好きなだけ出来るので、わざわざ高いお金を払ってジムに通う必要もありません。外に出る必要がないので部屋着のままでOKですし余分なコストもかかりません。しかし、当たり前ですがサイクルツイスタースリムも継続しなければ脂肪は減りません。例えサイクルツイスタ...

フィットネスクラブやスポーツジムなどに入会する人は、毎年、春先になると一気に増えるそうです。で、秋頃になると来なくなるそうです。やはり皆さん考える事は同じようで、夏までにダイエットして痩せたい、体を鍛えてモテよう、なんて考えているんでしょうね。でも毎年春先から夏までの期間だけ体を鍛えて痩せたいと思っても、あとの秋冬に不摂生していたんじゃ、むしろ逆効果になります。なぜなら・・・?そう、リバウンドです...

糖尿病は現在、全世界中で6秒に1人の割合で死亡者が出ている恐ろしい病気です。糖尿病は血糖値の上昇により血管をボロボロにするだけでなく、認知症のリスクも高まると言われています。しかし糖尿病それ自体は決して怖い訳ではなく、糖尿病単体で死に至る訳ではありません。合併症が恐ろしいのです。合併症がもとで死亡者が出ているのです。主な合併症に、失明・人工透析・心筋梗塞・脳梗塞・神経障害等がありますが、どれも深刻...

運動して筋肉を使う事によって、筋肉からいろいろな物質が分泌されています。筋肉を使うと分泌される物質と言えばまず乳酸が思い浮かびますよね。この乳酸は成長ホルモンに変わります。成長ホルモンはその名の通り、子供の頃は主に体の成長のために使わるホルモンなんですが、成人して大人になってからも体のメンテナンスや細胞の修復などに使われるとても大事なホルモンなんです。若返りホルモンとしても有名ですよね。この成長ホ...