エアロバイクで死に至る○○をも予防できる!!

エアロバイクで死に至る○○をも予防できる!!

運動して筋肉を使う事によって、筋肉からいろいろな物質が分泌されています。

 

筋肉を使うと分泌される物質と言えばまず乳酸が思い浮かびますよね。この乳酸は成長ホルモンに変わります。成長ホルモンはその名の通り、子供の頃は主に体の成長のために使わるホルモンなんですが、成人して大人になってからも体のメンテナンスや細胞の修復などに使われるとても大事なホルモンなんです。若返りホルモンとしても有名ですよね。

 

この成長ホルモン、就寝時に最もよく分泌される事がわかっています。時間もだいたい決まっていて、夜の22時から深夜2時の間が最もよく分泌される時間帯と言われています。よく睡眠のゴールデンタイムなんて言われてますよね。

 

それと筋肉を使う事によって分泌される最近分かった物質で、「スパーク」という物質があります。このスパークという物質に大腸がんの予防ができるという大変重要な効果がある事がわかって来ました。

 

大腸がんの抑制効果があるスパークとは?

正常な状態の大腸を覆っている正常上皮細胞の中に在る内皮細胞が大きくなったり潰れたりして、さらにその大きくなって潰れた内皮細胞が集まると前がん細胞という細胞になり、それがやがてポリープになって、いずれがん細胞に成長していきます。がん細胞は突然できるわけではなく、段階を踏んで成長していくのです。

 

しかし、いろんな研究でよく運動する人は大腸がんになりにくいという結果が出てきました。そこでわかってきたのが、運動をして筋肉を使う事によって、スパークという物質が出てきて、そのスパークが大腸まで運ばれ、がん細胞になる前の、前がん細胞を殺してくれるのです。

 

ですから運動をすると、前がん細胞より後の、ポリープからがん細胞への成長がなくなるのです。前がん細胞の数は運動前と運動後で極端に減っているのが実験でも証明されてます。

 

スパークは、とにかく筋肉を動かす事によって分泌される事がわかっています。それは日常生活の中での軽い動きでも分泌はされるのですが、やはりそれなりの強度の高い運動をした方がたくさん分泌され、前がん細胞の数も減らしてくれます。

 

なのでやはり、それなりの強度の運動を続ける習慣を身に付けないといけません。

 

エアロバイクで大腸がん予防!

運動の定番と言えば、まずウォーキングが思い浮かびますね。確かにウォーキングは比較的続けやすいのですが、運動強度は決して高いとは言えず、カロリー消費量的にも1時間程度歩いて、おにぎり1個分位のカロリーしか消費できず、カロリー消費量的に見ても効率がイイとは言えません。

 

ジョギングはウォーキングよりはカロリー消費量は高いのですが、アスファルトの上を走るとなると、ひざや足首などの関節に負担がかかり、関節を痛める恐れが出てきます。なのでジョギング専用のシューズやウェアなど揃えねばならずコストもかかります。

 

またウォーキングでもそうなのですが、どうしても外に出ないといけない為、雨風などの天気天候の影響を受けやすく、真夏の炎天下や真冬の寒風吹きすさぶ日など、どうしても外に出るのがイヤな日ってありますよね。それが原因で続かない人も多いのです。

 

あとスポーツジムやフィットネスクラブに通うという選択肢があります。

 

それなりのスポーツジムやフィットネスクラブだと、設備も整っていて、プールやトレーニングマシンなども揃っていてインストラクターもいるので、いろんな運動が出来るのですが、いかんせん近所にそれなりの設備の整った施設がないと通えません。それに毎月の会費もバカにはならないので、あまりおすすめは出来ません。

 

エアロバイク

そこでおすすめなのが・・・
エアロバイクなんです!

 

エアロバイク、知ってますよね。

 

あの自転車漕ぎ運動が出来る室内運動器具です。

 

スポーツジムやフィットネスクラブには必ず置いてあるエアロバイクですが、現在、価格もかなり下がってきていて個人でも十分購入できるんです。その上、軽量に出来ていてコンパクトな物も多いので、家の中どこにでも置けて移動もラクにできるんです。

 

室内運動器であるエアロバイクには、雨風や寒暖などの天気天候の変化は一切関係ありません。シューズ、ウェアなども揃える必要がなく部屋着のまんま漕げるので、洗濯物も増えません。

 

部屋の中で居ながらにしてエアロバイクを漕げるので、漕ぎながらTVやDVDを見たり、音楽を聴いたり、家族としゃべる事が出来るので、とても続けやすいんですよね。

 

もちろん最近のエアロバイクには強度調節機能も付いていますから、自分の体力に合わせてエアロバイクを漕ぐことができます。強度を強めに設定して筋肉に負荷をかけると、それだけたくさんスパークが分泌され大腸がん予防効果も高まりますよ。

 

<<前のページ

  

関連ページ

20代の体を取り戻すには?
30代、40代、50代になって、体が衰え、タルんできて、悩みを抱えているオジサン、オバサン。思ってたよりも簡単に20代の体を取り戻す事は出来ます。
サイクルツイスタースリムを毎日続けるために
サイクルツイスタースリムを購入しても、当然使わないと脂肪は燃えません。ウォーキングの約3倍の脂肪燃焼効果を持つサイクルツイスタースリムも宝の持ち腐れになってしまいます。毎日サイクルツイスタースリムを続けるためのお役立ちを紹介します。
ダイエットはブームではなくライフ
ダイエットのための習慣ってなかなか身に付きにくいですよね。時間があるときにやろうと思っていても、その時間が取れなかったり、時間があっても結局やらなかったりで、どうすればダイエットのための習慣が身に付くのか一緒に考えて行きましょう。
運動習慣は糖尿病予防にもなります
糖尿病は放置してしまうと合併症を併発する恐ろしい病気です。血糖値が高めだと気が付かないうちに糖尿病になっている可能性があります。血糖値を上げない工夫、エアロバイクなどで運動して糖尿病予防に備えないといけません。