ダイエットはブームではなくライフ

ダイエットはブームではなくライフ

フィットネスクラブやスポーツジムなどに入会する人は、毎年、春先になると一気に増えるそうです。で、秋頃になると来なくなるそうです。

 

やはり皆さん考える事は同じようで、夏までにダイエットして痩せたい、体を鍛えてモテよう、なんて考えているんでしょうね。

リバウンド

 

でも毎年春先から夏までの期間だけ体を鍛えて痩せたいと思っても、あとの秋冬に不摂生していたんじゃ、むしろ逆効果になります。

 

なぜなら・・・?

 

そう、リバウンドです。

 

ダイエットの宿命! リバウンドの仕組み

痩せたいと思った時、ダイエットを思い立った時に、人がまず思いつくのが食事制限、食べる量を減らす事ですね。

 

確かに食べる量を減らせば体重は徐々に減っていきます。

 

しかし、始めのうちは結構いいペースで落ちていた体重が、ある日を境に落ちなくなってきます。

 

これは食事の量が減った事により、体が飢餓状態だと思い込み、エネルギーを溜め込むモードに入った事を表しています。

 

わずかな食事の量から少しでも効率よく多くのエネルギーを摂取して体を動かせるように、いわゆる省エネモードに入ったのです。

 

この省エネモードの期間はしばらく続きます。省エネモードの間は体重は、あまり落ちません。これがダイエット中にからなず訪れると言われている停滞期です。

 

食べたいのを我慢して食べる量を減らし、好きな甘いモノも食べずに我慢してるのに体重に変化は無い、かなりツラい時期と言えます。

 

でも、そのまま食べる量を減らしたままだと、いずれまた徐々に体重は減っていきます。

 

そして晴れて目標にしてた体重まで減らす事に成功して、やれやれダイエット成功とばかりに、食事を以前と同じ量に戻してしまうと、体はまだ飢餓状態と錯覚したまま、わずかな食事の量からでもより多くのエネルギーを吸収する省エネモードの状態のままで食事の量を多くしてしまうと、多くした食事の分も余計にカロリーを摂取してしまうため、元の体重より太ってしまうんです。

 

これがリバウンドのメカニズムです。

 

ですから、春先から夏の間だけ頑張って、秋になったら運動も食事制限もやめてしまっていては、その時一瞬はヤセる事ができても、すぐまた元に戻り、そしてさらに以前よりも太ってしまうのです。

 

特に無理な食事制限、激しすぎる運動で急激にヤセた人は要注意です。

 

それでもまだ新陳代謝の激しい若いうちは一瞬だけでもヤセる事が出来ますが、歳を取って代謝が落ちてくると、春先から若い時と同じように頑張っても、夏までに間に合わなくなって来るんですよね。

 

無理なダイエット、無理な食事制限は太りやすく、痩せにくい体に・・・

前述したように、無理な食事制限を続けると体は飢餓状態であると勘違いし、脂肪を溜め込むモードに切り替わります。

 

なので、エネルギーを生産するために脂肪を燃焼させずに、筋肉を分解するのです。

 

筋肉は体の中でもかなりのエネルギーを消費する器官で、唯一、脂肪を燃焼する事が出来る器官でもあります。

 

ですから、飢餓状態を生き延びる必要があると判断した体は、エネルギーを蓄える事が出来る脂肪を溜め込み、脂肪を燃焼させる燃費の悪い筋肉を分解するのです。

 

そして脂肪を燃焼させる筋肉は減り、脂肪を溜め込んだ、太りやすく、ヤセにくい体が出来上がります。

 

もう、こうなってしまったら、何をやってもなかなか体重は減りません。

 

ですから、そうならないために普段から、ある程度節制して、運動の習慣も身に付けておかないといけないのです。

 

昔、うちの近所の電柱に、

 

「ダイエットはブームではなくライフ」

 

と書いた張り紙を見た事があります。

 

電柱ではなく部屋のよく見えるところに張っておいた方がイイのかも知れません。

 

食事制限だけで痩せると体のラインが崩れまくり!?

食事制限だけで痩せようとした場合、一番よくある弊害として挙げられるのが体調不良です。人は食べ物から糖質、脂質、タンパク質などの三大栄養素やビタミン、ミネラル、カルシウムを摂取して生きています。素人が自分の判断で食事制限しても必要な栄養素が不足してしまうので、体に悪い影響が出てしまうのです。

 

また必要な栄養素が補給できていないので、一晩寝ても体の疲れが取れず、いつもダルくてヤル気が出ず、思考力の低下を招きます。

デブ

 

また前述のように食事制限だけで体脂肪を減らそうとしても、体脂肪は落ちずに筋肉が減っていきます。筋肉が少なく脂肪の多い体はどうなるかというと、体を引き締める筋肉がない上にタルんだ脂肪が乗っているので、ユルユルに体の線が崩れた中年のオバサン体型になってしまうのです。たまに見かけますよね? まだ若いのにユルんだフォルムの体型の人って、あんな感じです。

 

ゼッタイにイヤですよね。なりたくないですよね。

 

なので体脂肪を燃焼させるためには食指制限だけではなく、筋トレや有酸素などで体を動かし、しっかりと筋肉を付けないといけないのです。

 

<<前のページ  次のページ>>

関連ページ

20代の体を取り戻すには?
30代、40代、50代になって、体が衰え、タルんできて、悩みを抱えているオジサン、オバサン。思ってたよりも簡単に20代の体を取り戻す事は出来ます。
サイクルツイスタースリムを毎日続けるために
サイクルツイスタースリムを購入しても、当然使わないと脂肪は燃えません。ウォーキングの約3倍の脂肪燃焼効果を持つサイクルツイスタースリムも宝の持ち腐れになってしまいます。毎日サイクルツイスタースリムを続けるためのお役立ちを紹介します。
運動習慣は糖尿病予防にもなります
糖尿病は放置してしまうと合併症を併発する恐ろしい病気です。血糖値が高めだと気が付かないうちに糖尿病になっている可能性があります。血糖値を上げない工夫、エアロバイクなどで運動して糖尿病予防に備えないといけません。
エアロバイクで死に至る○○をも予防できる!!
エアロバイクで筋肉を使う事により、死に至るある病気を予防する事が出来ます。エアロバイクで運動する事によって筋肉から出てくるある物質が人をしに至らしめるある細胞の成長を抑制する効果がある事がわかりました。そのある物質とは・・・?