運動習慣は糖尿病予防にもなります

糖尿病を放置していると恐ろしい事になりますよ!

糖尿病は現在、全世界中で6秒に1人の割合で死亡者が出ている恐ろしい病気です。

 

糖尿病は血糖値の上昇により血管をボロボロにするだけでなく、認知症のリスクも高まると言われています。

 

インスリン注射

しかし糖尿病それ自体は決して怖い訳ではなく、糖尿病単体で死に至る訳ではありません。合併症が恐ろしいのです。合併症がもとで死亡者が出ているのです。

 

主な合併症に、失明・人工透析・心筋梗塞・脳梗塞・神経障害等がありますが、どれも深刻な事態を引き起こす恐ろしい病気です。

 

また糖尿病は現代医学では治す事が出来ない不治の病です。完治はありません。一度発症してしまうと一生付き合って行かないといけないのです。

 

糖尿病は発症しても自覚症状が無く発症に気づくことがありません。よぼど悪化した状態か入院レベルにならないと気が付かないのです。

 

なので自覚症状が無いうちにどんどん進行していって、合併症を発症してしまうケースが多いのです。

 

血糖値が高めなのに放置していると気が付かないうちに糖尿病を発症している恐れがあります。そうなってからでは手遅れになりますから、そうなる前にしっかり糖尿病予防しておきましょう。

 

野菜から先に食べると血糖値が上がりにくいってホント?

血糖値は1日の中で変化があって、空腹時は低くて食事をすると徐々に上がり始めて、1時間後から1時間半過ぎごろにピークを迎えるのが普通です。

 

ですがこの血糖値の上昇を抑える、または緩やかにする事ができるんです。

 

それは食事の時に野菜から先に食べるんです。

 

野菜

野菜には食物繊維がたくさん含まれている物が多く、食べた物の吸収を遅らせるのです。野菜を先に食べて腸をコーティングする事により食べた物がゆっくり吸収されます。食べる前の準備運動みたいなものですね。

 

食物繊維が血糖値の上昇を抑え、野菜をよく噛んで食べる事により、満腹感を得る事ができ食べる量を減らす事が出来ます。

 

血糖値の上昇を抑えるために、
まず最初に両手いっぱい分の野菜を食べる事をおすすめします。

 

血糖値が一気に上がるとなぜ良くないの?

血糖値は健康な状態だと緩やかな変化なのですが、これが糖尿病の可能性が出てくると血糖値がはげしく上昇下降を繰り返すようになるのです。そうなると血管の中の糖が血管の壁をやすりのようにこすり傷つけ、血管にダメージを与え、そのためさまざまな合併症を引き起こすのです。

 

例えば目の網膜にある毛細血管に障害が出ると、それが原因で網膜症になります。腎臓に障害がおこると腎症を発症し、糖尿病性神経障害等は麻痺や壊疽などの原因になります。

 

さらに糖は大きな血管にもダメージを与えます。

 

糖尿病の患者さんは健康な人に比べ、心臓の血管も高血糖が原因でとても細くなってます。なので糖尿病の人は健康な人に比べ心筋梗塞や脳梗塞になる確率が、3~5倍も高いというデータがあります。

 

ですから血糖値が高めの人は少し下げればいいという考えではなく、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクも考えないといけないのです。

 

糖尿病というのは血糖値が高いだけでなく血管をボロボロにしてしまう病気なのです。

 

お酒は血糖値に影響するの?

血糖値が気になる人は食事の量、質ともに気を付けなければいけないのは前述のとおりなのですが、ではお酒はどうなのでしょうか?

 

ビール

血糖値にはどう影響しているのでしょう?

 

実はお酒を飲むと血糖値が上がりにくいという実験データがあるのです。アルコールを摂取した時、肝臓から糖が出にくくなり、血糖値が上がりにくくなるのです。

 

ではお酒をのみながら食事するのはいいのかというと、実はそのあとが問題なんです。

 

アルコールには食欲増進作用があるため、ついつい沢山つまみを食べ過ぎてしまうのです。血糖値が上がりにくいので満腹感も得られにくく、だらだらと食べ続けてしまいがちです。

 

だからお酒は糖尿病には逆効果なんです。

 

お酒は適量、ほどほどにいたしましょう。

 

エアロバイクは糖尿病予防の強い味方!

糖尿病の予防・改善にはやはり運動ですね。お医者さんに行ってもやはり運動を勧められるでしょう。

 

特に定番のウォーキングを勧められると思いますが、それよりも・・・

 

エアロバイクをおすすめします!

 

もちろんウォーキングでもいいのですが、ウォーキングはあまり運動強度が高くなくカロリー消費量の面から見ても決して効率的ではありません。

 

またいちいちウォーキング専用のシューズやウェアなどをひと通り揃えないといけないため、コストもかかりますし洗濯物も増えますよね。

 

雨や風の強い日、暑い日寒い日など外に出るのがイヤな日がありますよね。

 

「今日1日ぐらいイイか・・・。」

 

軽い気持ちでサボってしまったら、1日が2日になり、2日が3日になり、ついには辞めてしまうのがオチですよね。

 

正直ウォーキングは続きません。お医者さんに勧められたからという理由だけで、そう簡単に毎日歩けるものではありません。

 

いちいち、ただ歩くためだけに着替えて外に出るという行為は、それほど億劫な事なのです。

 

そこでおすすめなのがエアロバイクです!

 

最近のエアロバイクはかなり値段も安くなってきてますし、軽量でコンパクトな物が多く、家に1台購入しておけば、いつでも好きな時間に好きなだけ漕ぐことができます。わざわざスポーツジムやフィットネスクラブに通う必要もありません。

 

またエアロバイクは室内運動器具なので、雨風や寒暖の影響もありません。ウォーキング用のシューズもウェアも必要なく部屋着のまま出来るので洗濯物も増えません。

 

最近のエアロバイクには当然、強度調節機能も付いていますので、特に中高年の方など自分の体力に合った設定でエアロバイクを漕ぐことができます。ですからエアロバイクは血糖値が気になる方はもちろん、ロコモ予防にもおすすめなのです。

 

<<前のページ  次のページ>>

関連ページ

20代の体を取り戻すには?
30代、40代、50代になって、体が衰え、タルんできて、悩みを抱えているオジサン、オバサン。思ってたよりも簡単に20代の体を取り戻す事は出来ます。
サイクルツイスタースリムを毎日続けるために
サイクルツイスタースリムを購入しても、当然使わないと脂肪は燃えません。ウォーキングの約3倍の脂肪燃焼効果を持つサイクルツイスタースリムも宝の持ち腐れになってしまいます。毎日サイクルツイスタースリムを続けるためのお役立ちを紹介します。
ダイエットはブームではなくライフ
ダイエットのための習慣ってなかなか身に付きにくいですよね。時間があるときにやろうと思っていても、その時間が取れなかったり、時間があっても結局やらなかったりで、どうすればダイエットのための習慣が身に付くのか一緒に考えて行きましょう。
エアロバイクで死に至る○○をも予防できる!!
エアロバイクで筋肉を使う事により、死に至るある病気を予防する事が出来ます。エアロバイクで運動する事によって筋肉から出てくるある物質が人をしに至らしめるある細胞の成長を抑制する効果がある事がわかりました。そのある物質とは・・・?