有酸素運動にはエアロバイクが最適

有酸素運動にはエアロバイクが最適

ウォーキングは強度が低く、あまり脂肪燃焼効果が期待できず、
ジョギングは脂肪燃焼効果は期待できますが、足関節を痛めやすく、
どちらも天気の影響を受けやすいのがネックでしたね。

 

あともう1つ、代表的な有酸素が、
水泳です。

水泳

 

もうこれは、強度の点では申し分ないですよね。

 

水の抵抗を受けながらの全身運動ですから、ウォーキングの比ではありません。

 

また水の中に浮いた状態での全身運動ですから、ジョギングのように関節にムリな負担がかかる事もありません。

 

天気の影響も、ほとんど関係ありませんよね。

 

と、ここまではいい事尽くめの水泳ですが、
ただ一点だけ、大きな欠点があります。

 

それは・・・

 

プールがないと泳げない・・・。

 

当たり前の事なんですけど、これって結構な足枷になるんですよね。

 

プールがある施設となると、それなりに設備の整ったスポーツジムとか、
町の水泳教室とか、通うのに多少なりともお金がかかりますよね。

 

また場所の問題も大きいです。

 

近くにない場合、遠くまで通っていたのでは、かなりの時間の浪費につながります。

 

お金の出費と時間の浪費は、継続していく上でかなりの負担になります。

 

痩せたい人にはエアロバイクがおすすめ!

エアロバイク

という訳で、痩せたい人に1番のおすすめの有酸素は、

 

エアロバイクです。

 

もうエアロバイクに関しては、わざわざジムなんかに行かなくても、イイのが出回ってますし、お値段もお手頃です。

 

さらに軽量でコンパクトな物も多いので、部屋の角に置いておけば邪魔にもならず、移動も楽に出来ます。

 

強度の調節もできるので、ウォーキングよりも高い強度を設定できるし、
着地の衝撃が無いので、ジョギングに比べ関節を痛める心配もありません。

 

外に出る必要がなく、天気天候の影響を一切気にしなくてもいいのです。真夏のうだるような炎天下、外なんかジョギングしていると熱中症になりかねません。真冬の最高気温二桁にも届かないような寒風吹きすさぶ酷寒の日、外でウォーキングしていると風邪ひきます。 

 

外に出てウォーキング、ジョギングするとなると、当然それなりのウェアやシューズを揃えなければいけないので、経済的な負担もありますし、毎日の洗濯物も増えます。特に専用シューズの場合、毎日歩いたり走ったりしているので汗の量が半端無く、臭いもかなり気になってきます。

 

エアロバイクなら部屋着のまんまで大丈夫です。

 

痩せたい人が手軽に始められる有酸素としては、
もってこいなんです。

 

ロコモ予防には更におすすめエアロバイク!

痩せたい人におすすめのエアロバイクですが、もっとおすすめしたいのが、
ロコモ予防です。

 

ご存知ですか?ロコモティブシンドローム

 

ロコモティブシンドロームとは運動器症候群の事で、年齢を重ねるごとに筋肉量が減っていき、関節などの機能が低下していき、ひいては日常生活においても支障が出だし、ゆくゆくは歩行障害、生活活動制限、要支援、要介護につながる可能性がある運動器の障害です。

 

ロコモ予防のためには、できるだけ早い内から体を鍛える習慣を身に付けておかなければいけません。

 

朝の通勤途中、ジョギングやウォーキングをされている中高年の方をよく見かけます。でもしばらくするとたまにしか見かけなくなり、ついには全く見かけなくなります。やはり続かないのです。運動の習慣を身に付け毎日続けていくというのは結構大変な事なんです。

 

確かにジョギングやウォーキングは強度もそれほど強くなく、中高年の方が始めるのにはちょうどいいのですが、毎日毎日それ用のウェアに着替えて外に出てジョギング、ウォーキングをするのは億劫に感じますよね。

 

だから家に1台エアロバイクがあれば、わざわざウェアに着替えなくても部屋着のままで漕げますし、人の目も気になりません。

 

ロコモ予防のために運動を始めるのなら、続けなければ意味がありません。エアロバイクは続けて行うためのハードルが極端に低いのです。

 

またエアロバイクはその性質上、下半身を重点的に鍛えるようになってますが、それもロコモ予防にピッタリなんです。

 

歳を取っていくにつれ下半身は上半身の3倍のスピードで衰えていくと言われています。なので下半身から鍛える事が出来るエアロバイクはロコモ予防に最適なんです。

 

「人間は足から老いる」と言われているように、歳を取ってくればなおさら足の筋肉の衰えは防がないといけません。特に足の筋肉は「第2の心臓」と言われており、心臓から足の先まで送られてきた血液を、再び心臓まで送り返すポンプの役割があるのです。足の筋肉がしっかりしていないと、そのポンプの役割がうまく果たせず、体全体の血液の巡りが悪くなってしまうのです。

 

血液の循環が悪くなると最初は、むくみ、肩こり、腰痛、関節痛などの軽い症状に始まり、生活習慣病の高血圧、動脈硬化にいたるまで、さまざまな症状の原因になります。最悪の場合は脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわるケースも出てきます。たかが血行不良と甘く見てはいけないのです。

 

<<前のページ  次のページ>>

関連ページ

有酸素運動とは?
無酸素運動とのちがい
エアロバイクのススメ
エアロバイクはアンチエイジングにも最適!
エアロバイクはアンチエイジングにも効果があります。強度の高いエアロバイク運動は若返りホルモンといわれる成長ホルモンを分泌させるので、ダイエットにも効果的です。